遠近両用コンタクトレンズ使用者による座談会

遠近両用コンタクトレンズ使用者による座談会
【 遠近座談会の参加者 】
遠近使用者:Aさん(45歳/男性会社員)、Bさん(51歳/女性パート従業員)
単焦点使用者:Cさん(47歳/男性会社員)、Dさん(55歳/女性主婦)

司会:お忙しい中お集まり頂きありがとうございます。
本日は遠近両用コンタクトレンズを現在使用されている方、お手元は多少見づらいけれども通常のコンタクトレンズを使われている方にお集まり頂き座談会を行います。

司会:早速ですが、通常のレンズを使用されているCさんからお話をお伺いします。
Cさんは遠近レンズが発売されているのはご存知でしたか? コンタクトレンズを使用されていてお手元は見づらく感じる場面はありますか?

C氏:遠近のコンタクトレンズはなんとなくは聞いたことはありますけど、あまり良く知りませんね。
見え方は、昔に比べて見たいものを少し離さないと見えづらいことが多いですね。特に新聞や文庫本は離して見た方が見えやすいことが多いですね。

司会:Dさんも通常のレンズをお使いですが、最近不便に感じることはありませんか?

D子:そうですね、最近困ることといえば、化粧品のラベルが見えずらいことと、雰囲気の良いレストランって結構暗いですよね、メニューを見ようとしたら、見えづらくてショックでした。それで少し興味が湧いてきました。
おしゃれなレストランで老眼鏡はちょっと…ですよね。どんな見え方になるのか不安で、どうしようかなって迷っています。

司会:それならば、眼科さんによっては、お試し用のレンズを付けて体験していただける施設があります。診察代はかかってしまいますが、Dさんも一度遠近両用コンタクトレンズをトライされみてはどうでしょうか?
※お試しから1ヶ月以内に購入をされないと再度診察が必要になりますご注意下さい。

D子:どこで試すことが出来るのですか?

司会:遠近両用レンズを処方している眼科さんに聞いてみるとよいと思います。

D子:そうなんですね、知りませんでした、早速問い合わせてみます。

C氏:じゃあ私も、お試し用レンズが試せるならば付けてみようかな?

司会:そうですね実際に試してみて快適ならば購入していただければよいので、試してみる価値はあると思います。

司会:Aさんはどんなきっかけで遠近レンズを始められたのですか?

A氏:私はお試しレンズを頂けたのが大きかったですね。私も最初はちょっと本当かな??と疑っていたのですが、実際に付けてみると、手元がかなり見やすくなって便利になりましたね。会社での会議資料なども楽に見えるようになりました。あと、スマホですね。これも見やすくなりました。
でも、お試し用のレンズを頂いてから購入出来たのでその点が安心でしたね。

司会:お試し用を装用して実際の見え方を体感できるのは安心感がありますね。

司会:B子さんはどんなきっかけで遠近両用レンズを始められたのですか?

B子:雑誌のフリートライアルのお勧めという記事で知りました。たまたまパート仕事で使っていた端末が見づらくなっていて困っていたので、本当に見やすくなるのか不安でしたが、フリートライアルが出来ると書いてあったので思い切ってトライしてみました。

司会:それで見え方はどうでしたか?

B子:端末が良く見えるようになって、入力ミスもなくなりました。遠くは不便を感じないくらいに見えるので不便を感じませんし、手元を見るときに離さないで見えるようになったのがよかったですね。

司会:B子さんありがとうございます。遠近コンタクトレンズだと手元が今までよりも楽に見えるようになったということですね。
あえてデメリットを挙げるとすれば、遠くの見え方が少し見えにくくなったという方が多いので、夜間の運転が多い方などは注意が必要かもしれないですね。

司会:使われている方に共通するご意見として、お試し用レンズを実際に試すことで不安要素が解消されて、遠近両用レンズを始められたということですね。
是非、Cさん、Dさんもお試しにチャレンジされてはいかがでしょうか。
施設を選ばれるときは遠近両用の経験豊富な施設をお選び下さい。
本日はお忙しい中、貴重なご意見をいただきありがとうございました。

予約はコンタクトレンズ外来予約または一般外来予約のすべての医師で受け付けておりますが、コンタクトレンズ外来予約ですと比較的待ち時間が少なくスムーズにご案内できます。
丁寧な対応をモットーにしております。

コンタクトレンズ外来担当医

常勤医師浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)

浪川医師
所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了 平成17年4月 総合新川橋病院 出向(1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任 現在に至る

主な論文

「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
PDT講習会受講終了認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

非常勤医師安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

安藤医師
経歴

昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務
平成21年1月~新宿東口眼科医 院非常勤医師就任

非常勤医師大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)

大木医師
経歴

昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授
平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師寺内 博夫(日本眼科学会認定 眼科専門医)

経歴

昭和56年 帝京大学付属病院
昭和59年 天理よろず相談所病院
平成2年  医療法人永田眼科
平成14年 関西医大付属病院
平成18年 医療法人寺内眼科
平成25年 医療法人永田眼科
平成28年11月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師藤谷 周子(日本眼科学会認定 眼科専門医)専門領域:眼瞼疾患

経歴

平成3年3月 和歌山県立医科大学 
平成3年5月 大阪大学医学部附属病院眼科入局 
平成4年7月 市立堺病院眼科 
平成8年4月 市立豊中病院眼科

平成13年3月 バンダービルト大学病院メディカルセンター
平成21年4月 聖路加国際病院眼科 
平成25年4月   ほしあい眼科 
平成29年9月 ~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

Ptf1a determines horizontal and amacrine cell fates during mouse retinal development.

非常勤医師青柳 蘭子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

経歴

平成19年 日本大学医学部卒

平成20年4月 昭和大学付属豊洲病院(初期研修)
平成23年4月 町田市民病院
平成26年4月 東京労災病院
平成29年9月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)