新宿東口眼科医院で安心のコンタクトレンズ選び。コンタクトレンズによる治療と矯正。

新宿東口眼科医院は、眼科専門医が診察し、平日11時30分から19時30分まで(土曜は11時~19時、日曜・祝日は11時~18時まで)コンタクトレンズを処方しております。

予約はコンタクトレンズ外来予約または一般外来予約のすべての医師で受け付けておりますが、コンタクトレンズ外来予約ですと比較的待ち時間が少なくスムーズにご案内できます。
丁寧な対応をモットーにしております。

既にコンタクトレンズをご使用の方は、受診の際に現在お使いのレンズデータ(箱・ケースなど)をお持ちください。
  • 初めてコンタクトレンズを使う方へ。コンタクトデビューに親切な眼科です
  • しばらく眼科受診していない方へ
  • コンタクトレンズのトラブルについて
  • コンタクトレンズの処方箋を推奨している理由
  • 追加購入の前に「定期検診」を受けましょう
  • 隣接眼科のご紹介 Jコンタクト新宿店
  • サークルレンズ/カラーコンタクト

「便利さ」と「安心」のコンタクトレンズ診療―6つの特徴

新宿東口眼科医院では、より便利で親しみやすい眼科医院を目指して、コンタクトレンズの診療にも力を入れています。当院が多くのコンタクトレンズ使用者様に選ばれている6つの理由をご紹介します。

  • 視能訓練士が在籍、眼科専門医が処方しておりますので安心です。

    「眼科でコンタクトレンズを処方したけれど、なんとなく見えづらい」など、お困りのことはありませんか?
    新宿東口眼科医院で診察する医師はほとんど眼科専門医であり、国家資格である専門的な知識を持った視能訓練士も常勤しております。
    コンタクトレンズや、眼のことで何かお困りのことがありましたら、是非お気軽にご相談ください。

    「視能訓練士」とは

    厚生労働大臣の免許を受けて、視能訓練士の名称を用いて、医師の指示の下に、両眼視機能に障害のある者に対するその両眼視機能の回復のための矯正訓練及びこれに必要な検査を行なうことを業とする者をいう。
    視力検査、眼圧検査、視野検査をはじめとするさまざまな眼科検査を行い、眼科医にデータを提供し、眼科医療をサポートします。また、視機能に障害を持つ人に、専門的検査や矯正訓練も行う国家資格です。

  • トライアルコンタクトレンズが豊富、隣接の販売店には在庫が豊富にございます。

    当院でコンタクトレンズを処方しますと、ご自宅などでお試しいただけるようにトライアルコンタクトレンズをお渡しております。
    カラーコンタクトレンズ、乱視用、遠近両用などもご用意しておりますので、ご本人様に合ったコンタクトレンズをご納得いくまでお試しいただけます。

  • 数多くのコンタクトレンズの中からご満足いくまでお試し出来ます。

    当院では患者様一人一人がご納得行くまでコンタクトレンズ選びや度数の調整を行っております。

    遠くの文字をもう少し楽に見たいから他の度数も試したい、サークルレンズの色で迷っているので違う色も試してみたい、等様々なご要望があるかと思います。当院では極力患者様のご要望にお答えできるよう努めております。

    ※乱視・遠近・ハードコンタクトレンズ・コンタクトレンズの装用が初めての方・複数お試しになりたい方は受付時間の45分前までにご来院ください。
    コンタクトレンズの処方箋が発行されないと当日コンタクトレンズのお持ち帰りができませんので、お時間に余裕を持ってお越しください。
    また、医院は込み合う場合もございますので、ご来院の際はご予約をお取りいただけますとスムーズにご案内ができます。

  • コンタクトレンズデビューの方に親切です。

  • コンタクトレンズが合わなければ処方変更の処方箋を発行させて頂きます。

    購入いただいたコンタクトレンズが万が一合わなかった場合でも3ヶ月以内でしたら度数・種類の変更、1ヶ月以内でしたら返品が可能です。(隣接販売店で購入いただいた場合に限ります。)

    ハードコンタクトレンズの場合はそれに加え、購入日より1年以内の汚損・破損(コンタクトレンズの半分以上が必要です)・度数の変更が1回に限り可能です。
    ただし変更の場合は新たに処方箋が必要になりますので、ご了承お願い致します。

  • 新宿駅から徒歩1分。年末年始以外はいつでも処方出来る利便性です。

    JR新宿駅から伊勢丹方面へ徒歩1分。
    地下鉄からもビルが直結していますので雨の日でも楽にお越しいただけます。

    平日は11:30~19:30まで、土曜は11:00~19:00まで、日曜・祝日は11:00~18:00まで受付をしておりますので、お仕事帰りやお買い物の途中でもお気軽にお越し下さい。

  • ●視能訓練士が在籍、眼科専門医が処方しておりますので安心です。
  • ●トライアルコンタクトレンズが豊富、隣接の販売店には在庫が豊富にございます。
  • ●数多くのコンタクトレンズの中からご満足いくまでお試し出来ます。
  • ●コンタクトレンズデビューの方に親切です。
  • ●コンタクトレンズが合わなければ処方変更の処方箋を発行させて頂きます。
  • ●新宿駅から徒歩1分。年末年始以外はいつでも処方出来る利便性です。

乱視用コンタクトレンズや、遠近両用コンタクトレンズの処方も当院にお任せください。

安定した見え方になるのが難しく、一度では決めづらいのが乱視用コンタクトレンズや遠近両用コンタクトレンズです。当院では丁寧な調整で、多くの患者様にご信頼いただいております。

  • 遠近両用コンタクトレンズ
  • 乱視用コンタクトレンズ

診察時間

当院のコンタクトレンズ処方はコンタクトレンズ外来予約または一般外来予約にて受け付けております。
すべての医師が対応できますが、コンタクトレンズ外来の予約または下記日程ですと比較的待ち時間が少なくスムーズにご案内できます。

予約に空きがあり、比較的スムーズにご案内できる日程は以下となります(2017/10/25更新)

10/27 17:00-,12/2 AM

コンタクトレンズ外来

  11:00-18:00(昼休みなし)
安藤
  11:30-13:45 15:00-19:30
浪川 浪川(※18時まで)
新川 新川
寺内(※隔週)
浪川 浪川
新川 新川
  11:00-13:45 15:00-19:00
青柳 大木

一般外来

11:00-18:00(昼休みなし)
安藤
11:30-13:45 15:00-19:30
浪川
新川
浪川(※18時まで)
新川
新川 新川
新川 新川
寺内(※隔週)
浪川 浪川
新川 新川
11:00-13:45 15:00-19:00
青柳 大木

コンタクトレンズ外来担当医

常勤医師浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)

ごあいさつ

使い捨てコンタクトレンズの発売から、20年以上が経ちました。いまやコンタクトレンズの装用人口は1500万人~1800万人とも言われております。それに伴い、コンタクトレンズのトラブルによる眼障害の数も急増し、10人に1人は何らかの眼障害を経験したことがあるというデータもあります。このホームページをご覧になっている方の中にも、乾燥や、眼の痛みといった症状を経験された方も多いのではないでしょうか。こういった眼障害を未然に防ぐためにも、定期健診は重要です。

また、長く同じコンタクトレンズを使っている方の中で、段々見づらくなってきた、などご不便を感じていらっしゃる方もおられると思います。年齢や生活スタイルによって、見え方も時間と共に少しずつ変化していくものです。今まで近視用のレンズを使っていたけど、乱視用のレンズにしたら見え方がハッキリした、遠近両用にしたら手元の見づらさが軽減された、という患者様も多くいらっしゃいます。定期的な受診により、常にご自身に最適な度数のコンタクトレンズを使うことができます。

乾き・痛みなどのトラブルでお困りの方、見え方でお困りの方、是非当院のコンタクト外来までご相談下さい。症状改善に向けた治療や、患者様一人ひとりに合わせたレンズのご提案をさせていただきます。

浪川医師
所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了 平成17年4月 総合新川橋病院 出向(1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任 現在に至る

主な論文

「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

ごあいさつ

今お使いのコンタクトレンズに関して、困ったことはありませんか? 当院では専門の検査技師から、患者様それぞれに合った種類、度数のレンズをご提案させていただきます。また、角膜内皮細胞の数も検査できます。この細胞は黒目の内側にある細胞で、黒目の透明度を保つための大切な細胞ですが、コンタクトレンズ使用歴の長い方や、長時間の装用をされる方はこの細胞が減少してしまうことがあります。気になる方は一度検査を受けてみてください。

コンタクトレンズは直接目に装用する高度管理医療機器です。目の健康を保つために、眼科医の指導の下での使用をおすすめしております。使用中に何か異常を感じることがあれば、いつでもご相談ください。

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
PDT講習会受講終了認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

非常勤医師安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

安藤医師
経歴

昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務
平成21年1月~新宿東口眼科医 院非常勤医師就任

非常勤医師大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)

大木医師
経歴

昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授
平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師寺内 博夫(日本眼科学会認定 眼科専門医)

経歴

昭和56年 帝京大学付属病院
昭和59年 天理よろず相談所病院
平成2年  医療法人永田眼科
平成14年 関西医大付属病院
平成18年 医療法人寺内眼科
平成25年 医療法人永田眼科
平成28年11月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師藤谷 周子(日本眼科学会認定 眼科専門医)専門領域:眼瞼疾患

経歴

平成3年3月 和歌山県立医科大学 
平成3年5月 大阪大学医学部附属病院眼科入局 
平成4年7月 市立堺病院眼科 
平成8年4月 市立豊中病院眼科

平成13年3月 バンダービルト大学病院メディカルセンター
平成21年4月 聖路加国際病院眼科 
平成25年4月   ほしあい眼科 
平成29年9月 ~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

Ptf1a determines horizontal and amacrine cell fates during mouse retinal development.

非常勤医師青柳 蘭子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

経歴

平成19年 日本大学医学部卒

平成20年4月 昭和大学付属豊洲病院(初期研修)
平成23年4月 町田市民病院
平成26年4月 東京労災病院
平成29年9月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)