初めてコンタクトレンズを使う方へ

コンタクトレンズの種類が多いので選択の余地が広く、また専門スタッフ(視能訓練士)が アドバイスしますので安心して自由に選ぶことができます。

処方箋の有効期限内であれば何度でもつけ外しの指導をうけたり、 練習することが出来ます。つけ外しの指導・練習のみですと、受診料は不要です。

コンタクトレンズ装用のメリットとデメリット

メリット

  • メガネと違い目の中にあり、視野が広いので激しいスポーツもできる
  • うどんを食べたり、気温差等で曇ることがない
  • 顔がメガネで隠れないので、印象が明るくなる
  • メガネの重みがない
  • 強度近視の方はコンタクトレンズの方が矯正に効果がある
  • 左右の視力差が大きい方でも矯正しやすい
  • 雨の日でもコンタクトレンズが濡れることがない
  • メガネをつけたまま化粧は出来ないがコンタクトレンズなら可能
  • 災害時にコンタクトレンズの無料配布が行われることがあるので、度数を覚えていれば災害時も安心。 (メガネは左右の組み合わせがあるがコンタクトレンズはない)

デメリット

  • 手入れをしっかりしないと眼疾患になる 眼疾患になるとコンタクトレンズ使用できなくなる
  • 着脱の練習が必要
  • コストがメガネよりもかかる
  • 人によってはコンタクトレンズが合わないこともある(アレルギー等)
  • 装着脱がメガネよりも手間がかかる
  • 定期検診が必要
  • コンタクトレンズには一日の装用時間に制限があり、使用期限がある
  • 寝る前に外さないといけない

装用スケジュール

装用スケジュール 装用スケジュール ●眼科医に指示された装用期間・時間内で安全に使用してください。
●標準的な装用スケジュールを目安に、無理をしないで装用してください。
●1ヶ月以上装用を中止した場合は、眼科医の指示に従って装用を開始してください。

未成年の方へ

未成年の方がコンタクトレンズを使用する方は、同意書が必要となります。 >> コンタクトレンズ同意書 上記をあらかじめコピーしてご記入し、来院時にお持ちいただくと、当日受付でご記入する手間がなくスムーズにご案内できます。

コンタクトレンズを使用できない方

どんな方にでもコンタクトレンズは使用していただけるわけではありません。眼の疾患や、生活習慣、環境によっては処方ができない場合があります。

1.眼に疾患がある場合

前眼部の急性および亜急性炎症・眼感染症がある場合、ぶどう膜炎、角膜知覚減退症・眼瞼異常・角膜上皮欠損・ドライアイ・コンタクトレンズ装用に影響を与える程度のアレルギー疾患・その他眼科医が装用には向かないと判断した疾患を持っている場合は処方できません。 特にぶどう膜炎は眼の内部に起こる病気で、治療に時間のかかる病気です。再発の傾向が高く、コンタクトレンズの装用は難しい場合が多いです。

2.生活習慣による場合

眼科医の指示に従うことができない場合や、コンタクトレンズの装用時間を守り、ケアを適切に行えない、定期検診を受けられない場合は処方ができない場合があります。 また、コンタクトレンズを異物と感じて抵抗を感じ、体質的にどうしても付けられない方もいます。 その場合は基本的に眼鏡を使用していただくことが望ましいですが、どうしてもコンタクトレンズを使用したいという場合はご相談下さい。

3.生活環境による場合

常時、乾燥した環境や・粉塵、薬品などが目に入りやすい生活環境にいる場合、例えば、半導体などの精密機器などを取り扱う方や、研究などで薬品に触れることの多い方などはコンタクトレンズを使用して頂けないことがあります。 コンタクトレンズは乾燥に非常に弱く、また薬品などによってはコンタクトレンズに付着した場合コンタクトレンズの質が変わってしまう場合があるためです。 また、粉塵などのゴミが眼に入ってしまったとき 特にソフトコンタクトレンズは痛みが少ない場合が多いので、そのまま放置してしまい目に傷がついてしまう、というケースがあります。 これらの生活環境にある方には処方ができない場合があります。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談してください。 予約はコンタクトレンズ外来予約または一般外来予約のすべての医師で受け付けておりますが、コンタクトレンズ外来予約ですと比較的待ち時間が少なくスムーズにご案内できます。 丁寧な対応をモットーにしております。

コンタクトレンズ外来担当医

常勤医師浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)

浪川医師
所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了 平成17年4月 総合新川橋病院 出向(1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任 現在に至る

主な論文

「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
PDT講習会受講終了認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

非常勤医師安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

安藤医師
経歴

昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務
平成21年1月~新宿東口眼科医 院非常勤医師就任

非常勤医師大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)

大木医師
経歴

昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授
平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師寺内 博夫(日本眼科学会認定 眼科専門医)

経歴

昭和56年 帝京大学付属病院
昭和59年 天理よろず相談所病院
平成2年  医療法人永田眼科
平成14年 関西医大付属病院
平成18年 医療法人寺内眼科
平成25年 医療法人永田眼科
平成28年11月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師藤谷 周子(日本眼科学会認定 眼科専門医)専門領域:眼瞼疾患

経歴

平成3年3月 和歌山県立医科大学 
平成3年5月 大阪大学医学部附属病院眼科入局 
平成4年7月 市立堺病院眼科 
平成8年4月 市立豊中病院眼科

平成13年3月 バンダービルト大学病院メディカルセンター
平成21年4月 聖路加国際病院眼科 
平成25年4月   ほしあい眼科 
平成29年9月 ~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

Ptf1a determines horizontal and amacrine cell fates during mouse retinal development.

非常勤医師青柳 蘭子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

経歴

平成19年 日本大学医学部卒

平成20年4月 昭和大学付属豊洲病院(初期研修)
平成23年4月 町田市民病院
平成26年4月 東京労災病院
平成29年9月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)