当院でコンタクトレンズの処方箋を推奨している理由 当院では処方箋を発行しています

当院でコンタクトレンズの処方箋を推奨している理由 当院では処方箋を発行しています

隣接販売店「Jコンタクト」はこちら

コンタクトレンズ購入希望で眼科受診される方には、検査と診察の上コンタクトレンズ処方箋(指示書)を発行し、コンタクトレンズ購入に際し販売店に提出していただいております。
理由を以下にまとめましたのでご覧下さい。

間違ったデータのレンズを自己判断で使用するのを避けるため

コンタクトのズレ

コンタクトレンズのデータが適切かどうか、使用者自身では判断が難しいと言えます。
人間の視力は成長期以外でも変動しており、生活環境も多様で度数一つ決めるにしても専門家の慎重な検討が必要です。
また、度数が同じレンズでもベースカーブ、レンズ材質の違いによって目の上で違う動きをします。
医師に目の上でのレンズの動きを確認してもらい、適切なデータを決める必要があります。

適切なブランド選択をするため

コンタクトレンズ パッケージ

コンタクトレンズには様々なブランドがあり、宣伝文句やネットに記された他の使用者のレビューだけでは自分の目に本当に合ったブランド選択は難しいものです。実際に目の状態を眼科医師に見てもらい、検査技師の説明を聞きながら実際にいくつかのレンズを試着してみないと、正しいブランド選択はできません。
使用中のレンズが合わないという方でも、医師から新しいブランドの情報提供をしてもらうことで適切なレンズ選択の手助けになります。

病気に気づかないままコンタクトを使うのを防ぐため

医学的にコンタクトレンズを装用することが禁忌とされている疾患があります。「前眼部の急性および亜急性炎症、眼感染症、ぶどう膜炎、角膜知覚低下、レンズ装用に問題となる程度のドライアイおよび涙器疾患眼瞼異常、レンズ装用に影響を与える程度のアレルギー疾患」などですが、これを診断できるのは眼科医師のみです。
これらの病気の中には、痛みなどですぐ症状に気付くものもありますが、生活習慣によっては、あるいは他の病気の影響で、症状が自覚しにくいものがあります。
また、目の病気があるのに気にせず放置されている例もあります。病気を放置したままコンタクトの装用を開始すると、病気がどんどん重くなって、失明など取り返しのつかないことになってしまいます。

ドライアイや眼精疲労その他の眼科疾患がある方に強い味方

ドライアイ眼精疲労その他の眼科疾患がある方でコンタクトを使っている方も相当おられます。
そういう方は、果たして現在の目の状態でコンタクトレンズ装用は可能なのか、可能だとしてコンタクトレンズを装用をする時の注意、現在の目の状態を踏まえたコンタクトレンズのブランド選択などわからない点が多いものです。
眼科に来れば、コンタクトレンズを処方する際、専門スタッフや専門医がひとつひとつ説明し、安心してコンタクトレンズが装用できるよう指導しますので、眼科は強い味方です。

購入したレンズが合わなかったときのリスクを減らすため

万が一処方されたレンズが合わなかった場合、我慢して使い続けしまうと眼精疲労や頭痛を起こしたり、レンズの種類によっては角膜炎結膜炎といった眼障害を引き起こす原因になります。
そのため、保証制度のしっかりしているコンタクトレンズ販売店に隣接している眼科で診察を受ける必要があります。
保証制度がしっかりしているコンタクトレンズ販売店であれば、処方されたレンズが合わなかった場合でも返品・交換ができます。
さらに、その時使用したレンズの何が問題だったのか、目にどんな問題が起こっているのか明確にした上でその都度適切なレンズを提案してもらえます。

当院には隣接のコンタクトレンズ販売店「Jコンタクト」がございます。もちろん、保証制度、返品、交換は販売店で扱っている商品すべてに対応しております。眼科診療時間中も販売店の営業は行っておりますので、お仕事帰りでのコンタクトレンズ購入も可能です。
新宿東口眼科医院では医師の丁寧な診察のもと処方箋を発行しております。
ご来院をお待ちしております。

コンタクトレンズ診療担当医

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害者認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

非常勤医師安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

安藤医師
所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務

平成21年1月~新宿東口眼科医 院非常勤医師就任

非常勤医師三橋 純子 (日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成16年3月 東京女子医科大学医学部卒業

平成18年4月 東京女子医科大学病院 眼科入局

平成18年4月 東京女子医科大学病院眼科勤務 緑内障外来も担当

平成26年1月~平成28年1月 アイローズクリニック勤務

 

平成30年5月~ 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットの糖尿病網膜症発症初期におけるエリスロポエチン硝子体内注射の網膜血管退縮の抑制効果 Exp Eye Res 106: 64-73, 2012

”Intravitreal injection of erythropoietin protects against retinal vascular regression at the early stage of diabetic retinopathy in streptozotocin-induced diabetic rats.”

侵襲性副鼻腔アスペルギウス症に合併した鼻性視神経症の一例

”A case of rhinogenic optic neuropathy of invasive aspergillus sinus disease”

非常勤医師大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)

大木医師
所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授

平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師青柳 蘭子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会、日本網膜硝子体学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害補装具判定医
経歴

平成19年 日本大学医学部卒

平成20年4月 昭和大学付属豊洲病院(初期研修)
平成23年4月 町田市民病院
平成26年4月 東京労災病院

平成29年9月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

Subfoveal choroidal thickness in multiple evanescent white dot syndrome.

非常勤医師寺内 博夫(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和56年 帝京大学付属病院
昭和59年 天理よろづ相談所病院
平成2年  医療法人永田眼科
平成14年 関西医科大学付属病院
平成18年 医療法人寺内眼科
平成25年 医療法人永田眼科

平成28年11月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師芳田 奈津代(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会
資格
医学博士
経歴

平成13年 千葉大学医学部医学科 卒業
平成13年 千葉大学付属病院 眼科 初期研修医
平成16年 独立行政法人国立病院機構 千葉東病院 眼科
平成17年 済生会習志野病院 眼科
平成18年 千葉大学付属病院 眼科 医員
平成21年 千葉大学大学院医学薬学府 博士課程 卒業
平成29年 Singapore National Eye Center

平成30年7月 新宿東口眼科医院非常勤勤務

主な論文

Increased expression of IRE1alpha and stress-related signal transduction proteins in in ischemia-reperfusion injured retina. Clin Ophthalmol. 2008 Dec;2(4):743-752.(旧姓:畑)

Transcription factor, SP1, in epiretinal membranes of patients with proliferative diabetic retinopathy

視能訓練士(常勤1名/非常勤5名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)