バイオフィニティアクティブ

クーパービジョン/バイオフィニティアクティブ

医療用具承認番号:22200BZX00714A01

デジタルデバイスを見続ける負担の軽減を目指したレンズデザイン

デジタルデバイスの使用による疲れ目の軽減を目指したレンズ設計を採用。遠方の見え方はそのままで、光学部中心に向かってプラス度数の効果を発揮するため、調節時の毛様体筋の負担の軽減ができます。

つけ心地の良いシリコンハイドロゲルコンタクトレンズ

従来のシリコンハイドロゲル素材は、酸素透過性を高めると含水率が下がり、高い酸素透過性と素材の柔らかさ(含水率)の両立が困難でした。バイオフィニティは従来の疎水性シリコーンマクロモノマーと比べて、5倍以上の長さがある独自の親水性シリコーンマクロモノマーをコンタクトレンズ素材に初めて採用。これにより酸素透過効率が高まり、素材を柔らかくしても高い酸素透過率が維持されるようになりました。

うるおいが続く「ナチュラルウエッタブルタイプ」

素材そのものが優れた水濡れ性と高い保水性をもっているので、他メーカーのシリコンハイドロゲルレンズが採用している表面処理や内部湿潤剤なしでうるおいをキープできます。また、従来のシリコンハイドロゲルレンズは脂質汚れが付きやすいいことが難点でしたが、バイオフィニティは、レンズに脂質や細菌などが付きづらく、レンズを清潔に保ちます。

【製品スペック】

交換期限 2週間
ソフトコンタクトレンズ分類 グループI(非イオン性・低含水)
含水率 48%
ベースカーブ 8.6mm
直径 14.0mm
中心厚 0.08mm
製作範囲 S+5.00~S-6.00(0.25ステップ)、S-6.50~S-12.00(0.50ステップ)
加入度数 +0.25

コンタクトレンズ外来担当医

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害者認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

非常勤医師三橋 純子 (日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成16年3月 東京女子医科大学医学部卒業

平成18年4月 東京女子医科大学病院 眼科入局

平成18年4月 東京女子医科大学病院眼科勤務 緑内障外来も担当

平成26年1月~平成28年1月 アイローズクリニック勤務

 

平成30年5月~ 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットの糖尿病網膜症発症初期におけるエリスロポエチン硝子体内注射の網膜血管退縮の抑制効果 Exp Eye Res 106: 64-73, 2012

”Intravitreal injection of erythropoietin protects against retinal vascular regression at the early stage of diabetic retinopathy in streptozotocin-induced diabetic rats.”

侵襲性副鼻腔アスペルギウス症に合併した鼻性視神経症の一例

”A case of rhinogenic optic neuropathy of invasive aspergillus sinus disease”

 

 

非常勤医師安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

安藤医師
所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務

平成21年1月~新宿東口眼科医 院非常勤医師就任

非常勤医師大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)

大木医師
所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授

平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師青柳 蘭子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会、日本網膜硝子体学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害補装具判定医
経歴

平成19年 日本大学医学部卒

平成20年4月 昭和大学付属豊洲病院(初期研修)
平成23年4月 町田市民病院
平成26年4月 東京労災病院

平成29年9月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

Subfoveal choroidal thickness in multiple evanescent white dot syndrome.

非常勤医師寺内 博夫(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和56年 帝京大学付属病院
昭和59年 天理よろづ相談所病院
平成2年  医療法人永田眼科
平成14年 関西医科大学付属病院
平成18年 医療法人寺内眼科
平成25年 医療法人永田眼科

平成28年11月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師藤谷 周子(日本眼科学会認定 眼科専門医)専門領域:眼瞼疾患

所属学会
日本眼科学会
経歴

平成3年3月 和歌山県立医科大学 
平成3年5月 大阪大学医学部附属病院眼科入局 
平成4年7月 市立堺病院眼科 
平成8年4月 市立豊中病院眼科
平成13年3月 バンダービルト大学病院メディカルセンター
平成21年4月 聖路加国際病院眼科 
平成25年4月   ほしあい眼科 
平成30年3月 はんがい眼科

 

平成29年9月 ~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

Ptf1a determines horizontal and amacrine cell fates during mouse retinal development.

非常勤医師村戸 ドール

所属学会
日本眼科学会
資格
医学博士
経歴

平成元年 神戸大学医学部卒

平成16年~ 慶應義塾大学医学部眼科学教室 
平成25年 日本国医師免許獲得

平成30年2月~ 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任 現在に至る

主な論文

Changing trends in the treatment of dry-eye disease.

非常勤医師渡邊 富雄(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会
経歴

平成5年3月 東京慈恵会医科大卒
平成6年5月 東京慈恵会医科大学付属病院眼科 入局
平成11年7月 岡田眼科 勤務
平成13年4月 総合新川橋病院眼科 勤務

視能訓練士(常勤1名/非常勤5名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)