シリコンハイドロゲルレンズとその種類

新宿東口眼科医院でシリコンハイドロゲルレンズの処方を受けるメリット

●視能訓練士が在籍、眼科専門医が処方しておりますので安心です。
●トライアルレンズが豊富、隣接の販売店には種類・在庫が豊富にございます。
●数多くのレンズの中からご満足いくまでお試し出来ます。
●長時間装用される方や、今のレンズでは乾きが気になるという方はこのシリコンハイドロゲルレンズお試しください。レンズが合わなければ処方変更の処方箋を発行させて頂きます。
●新宿駅から徒歩1分。年末年始以外はいつでも処方出来ます。

シリコンハイドロゲルレンズについて

従来のコンタクトよりも酸素の透過性もよく、乾燥にも強いレンズです。
シリコンハイドロゲルの酸素の透過率は、従来素材の約2倍から6倍程度あり、コンタクトレンズを装用しているのに裸眼状態によりいっそう近い状態となるので長時間装用する方には、お勧めのコンタクトレンズです。ソフトコンタクトレンズの乾燥感は、レンズの素材の含水率とレンズの厚さに関係していましたが、シリコーンハイドロゲルレンズは低含水となっており乾燥にも強いコンタクトといえます。



デメリットとして挙げられるのは脂質がつきやすいということです
女性のお化粧品などや、お顔の脂などがコンタクトにつきやすく汚れやすくなっています。
また、消毒液にも相性があり、場合によっては眼球に傷を作ることもあります。
従来のコンタクトレンズを使用していて乾きが気になる方、ケア用品やケア方法について詳しく教えて欲しいという方は是非新宿東口眼科医院にご来院下さい。

シリコンハイドロゲルレンズ(一日使い捨てレンズ)

レンズ名 球面度数 特徴
デイリーズトータルワン
デイリーズトータルワン
-0.50~-6.00(0.25Dステップ)
-6.50~-12.00D(0.50Dステップ)
世界初のウォーターグラディエントテクノロジーにより、高い酸素透過性と装用感の良さを両立。
デイリーズトータルワン遠近両用
デイリーズトータルワン遠近両用
+5.00~-10.00(0.25ステップ) 独自設計の「水分三層」で、うるおいとなめらかさを実現し、1日中ずっと快適なつけ心地を実感できるレンズ。
バイオトゥルーワンデーマルチフォーカル
バイオトゥルーワンデーマルチフォーカル
+5.00D~-6.50D(0.25Dステップ)
-7.00D~-9.00D(0.50Dステップ)
独自素材の「ハイパージェル」で、角膜と同等の78%の含水率を実現しました。水分を多く含んだ、みずみずしいつけ心地の柔らかいレンズです。水分の蒸発も最小限に抑えることで、うるおいが続きます。
マイデイ
マイデイ
+6.00D ~ +5.50D (0.50Dステップ)
+5.00D ~ +0.25D (0.25Dステップ)
-0.25D ~ -6.00D (0.25Dステップ)
-6.50D ~ -10.00D (0.50Dステップ)
これまで難しかった 「酸素透過性」と「やわらかさ」「うるおい」すべてを備えたレンズです。
クーパービジョン独自の【スマートシリコーン素材】を採用しております。
マイデイトーリック
マイデイトーリック
+0.00~-6.00(0.25Dステップ)
-6.50~-10.00(0.50Dステップ)
マイデイトーリックは、日本初の「シリコーンハイドロゲルレンズ素材でできた乱視用レンズ」です。<br>
「酸素透過性」と「やわらかさ」「うるおい」すべてを備えています。
ワンデーアキュビュートゥルーアイ
ワンデーアキュビュートゥルーアイ
S-0.50~-6.00(0.25Dステップ)
S-6.50~-12.00(0.50Dステップ)
+0.50~+5.00(0.25Dステップ)
世界初!1day唯一のシリコンハイドロゲルレンズ
酸素の透過率が高い、乾きにくい
UVカット、裏表がわかりやすいマークつき

シリコンハイドロゲルレンズ(2週間使い捨てレンズ)

レンズ名 球面度数 特徴
エアオプティクスブライト
エアオプティクスブライト
0.00D~-6.00D(0.25D ステップ)
-6.50D~-8.00D(0.50D ステップ)
シリコンハイドロゲル素材で目に優しく、自然な瞳を実現できる2weekサークルレンズです。ブラウン・ヘーゼルの2色があります。
エアオプティクスカラーズ
エアオプティクスカラーズ
0.00D~-6.00D(0.25D ステップ)
-6.50D~-8.00D(0.50D ステップ)
シリコンハイドロゲル素材で目に優しく、自然な瞳を実現できる2weekサークルレンズです。グリーン・グレー・ブルーの3色があります。
エアオプティクス乱視用
エアオプティクス乱視用
+6.00~-6.00(0.25ステップ)
-6.50~-10.00(0.50ステップ)
含水率が一番低いレンズ
エアオプティクス遠近両用
エアオプティクス遠近両用
+5.00D~-10.00D(0.25Dステップ) 親水性が高く、乾燥感を軽減させる。
高酸素透過性のシリコン素材なので長時間装用しても負担が少ない
エアオプティクスハイドラグライド
エアオプティクスハイドラグライド
-0.25~-8.00(0.25Dステップ)
-8.50~-12.00(0.50Dステップ)
+0.25~+5.00(0.25Dステップ)
「エアオプティクスアクア」に、うるおい長持ち成分をプラスしたレンズです。
アクアロックス
アクアロックス
-0.25D~-6.00D(0.25Dステップ)
-6.50D~-12.0D(-0.50Dステップ)
+0.25~+3.00D(0.25Dステップ)
レンズ全体を保水成分で包み込むことにより、うるおいを長時間キープできるレンズ。
メダリストフレッシュフィットコンフォートモイスト遠近両用
メダリストフレッシュフィットコンフォートモイスト遠近両用
S+5.00~+4.50(0.50ステップ)
S+4.00~-7.00(0.25ステップ)
S-7.50~-10.00(0.50ステップ)
進化した光学デザインにより、実生活での見易さ追求。
メダリストフレッシュフィットコンフォートモイスト
メダリストフレッシュフィットコンフォートモイスト
S±0.25~-6.00(0.25Dステップ)
S-6.50~-12.00(0.50Dステップ)
+0.25~+3.00(0.25Dステップ)
独自の非球面設計。
裸眼の時の98%もの酸素が目に届く。
最長一週間の連続装用可
メダリストフレッシュフィットコンフォートモイスト乱視用
メダリストフレッシュフィットコンフォートモイスト乱視用
S±0.25~-6.00(0.25Dステップ)
S-6.50~-9.00(0.50Dステップ)
2W乱視用シリコンの素材で、非イオン性のレンズ
保存液にうるおい成分配合
メダリストプレミアマルチフォーカル
メダリストプレミアマルチフォーカル
+5.00D~-10.00D 高酸素透過性のシリコン素材なので長時間装用しても負担が少ない
バイオフィニティアクティブ
バイオフィニティアクティブ
S+5.00~S-6.00(0.25ステップ)、S-6.50~S-12.00(0.50ステップ) デジタルデバイスを見続ける負担の軽減を目指したレンズ。シリコンハイドロゲル素材で、つけ心地も快適。
バイオフィニティ
バイオフィニティ
-0.25~-6.00(0.25Dステップ)
-6.50~-12.00(0.50Dステップ)
独自のアクアフォームテクノロジーを採用。
汚れがつきにくい。高い酸素透過率。
程よい硬さ
バイオフィニティマルチフォーカル
バイオフィニティマルチフォーカル
+5.00D~-6.00D(0.25Dステップ)
-6.50~-8.00D(0.50Dステップ)
取扱いが簡単で目にやさしく、 うるおいがずっと続く快適なつけ心地です。
バイオフィニティトーリック
バイオフィニティトーリック
±0.00~-6.00(0.25ステップ)
-6.50~-10.00(0.50ステップ)
装用感が良いと評判のバイオフィニティに乱視用が出ました。乱視の方も長時間、長期間続く潤い効果を体感して下さい。
アキュビューアドバンス
アキュビューアドバンス
-0.50~-6.00(0.25Dステップ)
-6.50~-10.00(0.50Dステップ)
裸眼の時の97%もの酸素が目に届く。
親水性高分子が素材に組み込まれているため、乾燥に強い。
アキュビューオアシス
アキュビューオアシス
-0.50~-6.00(0.25Dステップ)
-6.50~-12.00(0.50Dステップ)
+0.25~+5.00(0.25Dステップ)
裸眼の時の98%もの酸素が目に届く。
アドバンス以上に親水性高分子が組み込まれているため、
乾燥感が軽減されている。
アキュビューオアシス乱視用
アキュビューオアシス乱視用
-0.00~-6.00(0.25Dステップ)
-6.50~-9.00(0.50Dステップ)
2week乱視用で唯一UVカットつきのレンズ
プレミオ
プレミオ
-0.25~-6.00(0.25Dステップ)
-6.50~-10.00(0.50Dステップ)
値が一番高い。周辺部の厚みが均一。
レンズ硬め。形は崩れないがその分装用感がよくない。
プレミオトーリック
プレミオトーリック
S±0.00~-5.00(0.25Dステップ)
S-6.50~-10.00(0.50Dステップ)
近視の度数が-10.00まである
サイズが比較的小さい
2ウィークプレミオ遠近両用
2ウィークプレミオ遠近両用
+5.00D~-6.00D(0.25間隔)
-6.50D~-13.00D(0.50間隔)
バランスの良い見え方で、日常生活やシーンに合った使い方ができるレンズ
モイストアイ
モイストアイ
+0.25~+3.00(0.25Dステップ)
-0.25~-5.75(0.25Dステップ)
-6.00~-12.00(0.50Dステップ)
シリコーンハイドロゲルの特長である高い酸素透過率を損なうことなく、よりやわらかく、なじみやすい素材です。
モイストアイトーリック
モイストアイトーリック
◆CYL -0.75,-1.25,-1.75 AX 90°,180°のとき
 +3.00~-6.00(0.25 Step) ,-6.50~-10.00(0.50 Step)
◆CYL -2.25 AX 90°,180°のとき
 +3.00~-6.00(0.25 Step) ,-6.50~-8.00(0.50 Step)
◆CYL -0.75,-1.25,-1.75 AX 10°,20°,160°,170°のとき
 ±0.00~-6.00(0.25 Step) ,-6.50~-10.00(0.50 Step)
◆CYL -2.25 AX 10°,20°,160°,170°のとき
 ±0.00~-6.00(0.25 Step) ,-6.50~-8.00(0.50 Step)
シリコーンハイドロゲルの特長である高い酸素透過率を損なうことなく、よりやわらかく、なじみやすい素材です。
予約はコンタクトレンズ外来予約または一般外来予約のすべての医師で受け付けておりますが、コンタクトレンズ外来予約ですと比較的待ち時間が少なくスムーズにご案内できます。 丁寧な対応をモットーにしております。

コンタクトレンズ外来担当医

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害者認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

非常勤医師三橋 純子 (日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成16年3月 東京女子医科大学医学部卒業

平成18年4月 東京女子医科大学病院 眼科入局

平成18年4月 東京女子医科大学病院眼科勤務 緑内障外来も担当

平成26年1月~平成28年1月 アイローズクリニック勤務

 

平成30年5月~ 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットの糖尿病網膜症発症初期におけるエリスロポエチン硝子体内注射の網膜血管退縮の抑制効果 Exp Eye Res 106: 64-73, 2012

”Intravitreal injection of erythropoietin protects against retinal vascular regression at the early stage of diabetic retinopathy in streptozotocin-induced diabetic rats.”

侵襲性副鼻腔アスペルギウス症に合併した鼻性視神経症の一例

”A case of rhinogenic optic neuropathy of invasive aspergillus sinus disease”

 

 

非常勤医師安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

安藤医師
所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務

平成21年1月~新宿東口眼科医 院非常勤医師就任

非常勤医師大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)

大木医師
所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授

平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師青柳 蘭子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会、日本網膜硝子体学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害補装具判定医
経歴

平成19年 日本大学医学部卒

平成20年4月 昭和大学付属豊洲病院(初期研修)
平成23年4月 町田市民病院
平成26年4月 東京労災病院

平成29年9月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

Subfoveal choroidal thickness in multiple evanescent white dot syndrome.

非常勤医師寺内 博夫(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和56年 帝京大学付属病院
昭和59年 天理よろづ相談所病院
平成2年  医療法人永田眼科
平成14年 関西医科大学付属病院
平成18年 医療法人寺内眼科
平成25年 医療法人永田眼科

平成28年11月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師藤谷 周子(日本眼科学会認定 眼科専門医)専門領域:眼瞼疾患

所属学会
日本眼科学会
経歴

平成3年3月 和歌山県立医科大学 
平成3年5月 大阪大学医学部附属病院眼科入局 
平成4年7月 市立堺病院眼科 
平成8年4月 市立豊中病院眼科
平成13年3月 バンダービルト大学病院メディカルセンター
平成21年4月 聖路加国際病院眼科 
平成25年4月   ほしあい眼科 
平成30年3月 はんがい眼科

 

平成29年9月 ~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

Ptf1a determines horizontal and amacrine cell fates during mouse retinal development.

非常勤医師村戸 ドール

所属学会
日本眼科学会
資格
医学博士
経歴

平成元年 神戸大学医学部卒

平成16年~ 慶應義塾大学医学部眼科学教室 
平成25年 日本国医師免許獲得

平成30年2月~ 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任 現在に至る

主な論文

Changing trends in the treatment of dry-eye disease.

非常勤医師渡邊 富雄(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会
経歴

平成5年3月 東京慈恵会医科大卒
平成6年5月 東京慈恵会医科大学付属病院眼科 入局
平成11年7月 岡田眼科 勤務
平成13年4月 総合新川橋病院眼科 勤務

視能訓練士(常勤1名/非常勤5名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)