乱視用コンタクトレンズとその種類

乱視用コンタクトレンズとその種類


上記の症状でお困りの方や、一般的なコンタクトレンズで疲れや二重に見えることがあれば、乱視用コンタクトレンズを試してみてはいかがですか?
乱視が強い方が、球面コンタクトレンズから乱視用コンタクトレンズに変えたら、肩こりの解消や仕事能率の向上など効果があったというお声を頂戴することもあります。また、昔乱視用コンタクトレンズに挑戦したが、装用感が悪くて一度諦めた方も多くおられますが、最近では、乱視用コンタクトレンズの種類が増え、薄型で装用感が優れたものが多数出回っており、再挑戦したらご満足いただけるコンタクトレンズに出会えたというお声を頂戴することもあります。新宿東口眼科医院では、多数の乱視用コンタクトレンズを取り扱っております。ぜひ、当院で乱視用コンタクトに再挑戦してみてください。

乱視用レンズ使用したとき検査結果の値(青が近視の値、赤は乱視の値)

乱視用レンズ使用前
右 S-7.50 C-2.50
左 S-7.00 C-1.75
乱視用レンズ使用後
右 S-6.00 C-2.25 Ax160°
左 S-6.50 C-1.75 Ax180°使用
乱視用レンズ使用前 乱視用レンズ使用後
乱視用レンズを使用することで、近視・乱視の値が矯正されています。

新宿東口眼科医院で乱視用コンタクトレンズの処方を受けるメリット

乱視用コンタクトレンズは特殊レンズの為、安定した見え方になるのが難しく、一度では決めづらいレンズです。受診した時は良かったのに、だんだんと見え方に違和感を覚えたりすることがあります。
よって、乱視の強い方は特に「来院する眼科をしっかりと選ぶ」ことがとても重要です。
  • 視能訓練士が在籍、眼科専門医が処方しておりますので安心です。

    「眼科でコンタクトレンズを処方したけれど、なんとなく見えづらい」など、お困りのことはありませんか?
    新宿東口眼科医院で診察する医師はほとんど眼科専門医であり、国家資格である専門的な知識を持った視能訓練士も常勤しております。
    コンタクトレンズや、眼のことで何かお困りのことがありましたら、是非お気軽にご相談ください。

    「視能訓練士」とは

    厚生労働大臣の免許を受けて、視能訓練士の名称を用いて、医師の指示の下に、両眼視機能に障害のある者に対するその両眼視機能の回復のための矯正訓練及びこれに必要な検査を行なうことを業とする者をいう。
    視力検査、眼圧検査、視野検査をはじめとするさまざまな眼科検査を行い、眼科医にデータを提供し、眼科医療をサポートします。また、視機能に障害を持つ人に、専門的検査や矯正訓練も行う国家資格です。
  • トライアルコンタクトレンズが豊富、隣接の販売店には在庫が豊富にございます。

    当院でコンタクトレンズを処方しますと、ご自宅などでお試しいただけるようにトライアルコンタクトレンズをお渡しております。
    カラーコンタクトレンズ、乱視用、遠近両用などもご用意しておりますので、ご本人様に合ったコンタクトレンズをご納得いくまでお試しいただけます。

  • コンタクトレンズが合わなければ処方変更の処方箋を発行させて頂きます。

    購入いただいたコンタクトレンズが万が一合わなかった場合でも3ヶ月以内でしたら度数・種類の変更、1ヶ月以内でしたら返品が可能です。(隣接販売店で購入いただいた場合に限ります。)

    ハードコンタクトレンズの場合はそれに加え、購入日より1年以内の汚損・破損(コンタクトレンズの半分以上が必要です)・度数の変更が1回に限り可能です。
    ただし変更の場合は新たに処方箋が必要になりますので、ご了承お願い致します。

  • 新宿駅から徒歩1分。年末年始以外はいつでも処方出来る利便性です。

    JR新宿駅から伊勢丹方面へ徒歩1分。
    地下鉄からもビルが直結していますので雨の日でも楽にお越しいただけます。

    平日は11:30~19:30まで、土曜は11:00~19:00まで、日曜・祝日は11:00~18:00まで受付をしておりますので、お仕事帰りやお買い物の途中でもお気軽にお越し下さい。

  • ●視能訓練士が在籍、眼科専門医が処方しておりますので安心です。
  • ●トライアルレンズが豊富、隣接の販売店には在庫が豊富にございます。
  • ●レンズが合わなければ処方変更の処方箋を発行させて頂きます。
  • ●新宿駅から徒歩1分。年末年始以外はいつでも処方出来る利便性です。

乱視用コンタクトレンズはしっかりと目に合ったものを使用すると、とても便利なレンズです。
「使ってみたいけれど心配…」という方もぜひ一度、ご相談ください。ご予約をお取りいただけますとスムーズにご案内ができます。

乱視用ソフトコンタクトレンズの構造と種類

乱視はある一方向とそれに対し90° 逆の方向の屈折が違うのが原因ですので、乱視を矯正するコンタクトレンズも方向によって屈折の具合(度数)が違う作りになっています。通常のコンタクトレンズは、まばたきをすると角膜上で回転をしますが、乱視用のコンクタトレンズは回転を抑制する特殊なデザインになっています。
乱視の強い方用で、レンズが回転しないようレンズの上下を瞼で挟み込める設計になっているダブルスラブオフ、下方を厚く設計し、重りとしたプリズムバラストの2タイプがあり、タイプも長期使用レンズから1日使い捨てや2週間使い捨てなど豊富にあります。処方にはしっかりとしたフィッティングが必要不可欠です。

プリズムバラストデザイン

プリズムバラストデザイン
コンタクトレンズ下方に厚みを持たせ、その厚みがおもりになるのと上まぶたの圧力で厚い方が下を向く力が働き、瞬きのたびにコンタクトレンズが正しい向きになる仕組みです。

ダブルスラブオフデザイン

プリズムバラストデザイン
コンタクトレンズの上下方向が薄く、左右方向が厚い形をしています。コンタクトレンズの薄い部分を上下のまぶたと眼球で挟み込んでレンズの回転を抑えます。
最近では、更に左右を少し厚くして、安定を増す工夫がされたコンタクトレンズも出てきています 。

1日使い捨てレンズ

レンズ名 球面度数 乱視度数 軸度 特徴
ワンデー アイレリアル UVトーリック
ワンデー アイレリアル UVトーリック
±0.00D~-0.50D(0.50ステップ)
-0.75D~-6.00D(0.25ステップ)
-6.50D~-10.00D(0.50ステップ)
-0.75(ブラウンのみ-0.75/-1.25) 180° 乱視用1日使い捨てサークルレンズ。UVカット・うるおい成分配合で目に優しいレンズ。
デイリーズアクアコンフォートプラストーリック
デイリーズアクアコンフォートプラストーリック
+4.00~-6.00(0.25Dステップ)
-6.50~-8.00(0.50Dステップ)

【レンズデザイン】
デュアルシンゾーンデザイン/後面トーリックデザイン
-0.75/-1.25/-1.75 20°/90°/160°/180° 「プレジションカーブレンズデザイン」による、クリアで安定した見え方と、潤い感をもたらす「Enhanced Blink-Activated Moistureテクノロジー」が融合。
メダリストワンデープラス乱視用
メダリストワンデープラス乱視用
0.00D~-9.00D -0.75、-1.25、-1.75 90°/180° 非球面設計、涙を引き寄せるうるおい成分を保存液に配合
プリズムバラスト
ワンデーアクエアトーリック
ワンデーアクエアトーリック
0.00D~-6.00D(-0.25間隔)
-6.50D
-7.00D
-0.75、-1.25 20°/90°/160°/180° 丸みを帯びたエッジデザインで涙液交換に優れる、保湿成分リピジュアを保存液に配合、度数-9.00以上がある
プリズムバラスト
マイデイトーリック
マイデイトーリック
+0.00~-6.00(0.25Dステップ)
-6.50~-10.00(0.50Dステップ)
-0.75、-1.25 180°/90° マイデイトーリックは、日本初の「シリコーンハイドロゲルレンズ素材でできた乱視用レンズ」です。<br>
「酸素透過性」と「やわらかさ」「うるおい」すべてを備えています。
ワンデーアキュビューモイスト乱視用
ワンデーアキュビューモイスト乱視用
0.00D~-6.00D(0.25ステップ)
-6.50D~-9.00D(0.50ステップ)
+0.25D~+4.00D(0.25ステップ)
-0.75、-1.25、-1.75、-2.25 10°/20°/60°/80°/90°/100°/120°/160°/170°/180°
(乱視度数-2.25は20°90°160°180°)(球面度数+0.25~+4.00は、乱視度数-0.75、-1.25、-1.75かつ軸度90°、180°)
規格が広い、UVカット、目薬にも使われるうるおい成分を保存液に配合
ダブルスラブオフ
ワンデーピュアうるおいプラス乱視用
ワンデーピュアうるおいプラス乱視用
±0.00、-0.25~-6.00(0.25ステップ)
-6.50~-10.00(0.50ステップ)
+0.25D~+2.00D(0.25ステップ)
0.75/-1.25/-1.75 180°/90°/160°/180°(-1.75はAX180°のみ) 天然うるおい成分配合や32枚入り、国産ならではの品質で、発売以来ご好評の「シード1daypureうるおいプラス」に乱視用レンズがついに登場しました。

2週間使い捨てレンズ

レンズ名 球面度数 乱視度数 軸度 特徴
エアオプティクス乱視用
エアオプティクス乱視用
+6.00~-6.00(0.25ステップ)
-6.50~-10.00(0.50ステップ)
-0.75~-2.25(-0.50間隔) 20°/160°/180°/90°(S+0.25~+6.00は180°/90°) 含水率が一番低いレンズ
メダリスト66トーリック
メダリスト66トーリック
S±0.00~-5.00(0.25Dステップ)
S-5.50~-9.00(0.50Dステップ)
-0.75~-2.75(-0.50間隔) 10°/20°/160°/170°/180°/90° 乱視の強度数・軸度が多い
一番厚みがあるので、しっかりしている。
メダリストフレッシュフィットコンフォートモイスト乱視用
メダリストフレッシュフィットコンフォートモイスト乱視用
S±0.25~-6.00(0.25Dステップ)
S-6.50~-9.00(0.50Dステップ)
-0.75D~-1.75D 10°~180° 2W乱視用シリコンの素材で、非イオン性のレンズ
保存液にうるおい成分配合
バイオフィニティトーリック
バイオフィニティトーリック
±0.00~-6.00(0.25ステップ)
-6.50~-10.00(0.50ステップ)
-0.75、-1.25、-1.75、-2.25 (乱視-2.25は球面度数-7.00まで) 180/10/20/170/160/90/ 装用感が良いと評判のバイオフィニティに乱視用が出ました。乱視の方も長時間、長期間続く潤い効果を体感して下さい。
アキュビューオアシス乱視用
アキュビューオアシス乱視用
-0.00~-6.00(0.25Dステップ)
-6.50~-9.00(0.50Dステップ)
-0.75、-1.25、-1.75、-2.25(-0.75は球面度数-6.00まで) 乱視度数-0.75、-1.25、-1.75は  10°、20°、60°、90°、120°、160°、170°、180°
乱視度数-2.25は 10°、20°、90°、160°、170°、180°
2week乱視用で唯一UVカットつきのレンズ
プレミオトーリック
プレミオトーリック
S±0.00~-5.00(0.25Dステップ)
S-6.50~-10.00(0.50Dステップ)
-0.75~-1.75(-0.50間隔) *-1.75は軸度180°のみ 180°/90° 近視の度数が-10.00まである
サイズが比較的小さい
モイストアイトーリック
モイストアイトーリック
◆CYL -0.75,-1.25,-1.75 AX 90°,180°のとき
 +3.00~-6.00(0.25 Step) ,-6.50~-10.00(0.50 Step)
◆CYL -2.25 AX 90°,180°のとき
 +3.00~-6.00(0.25 Step) ,-6.50~-8.00(0.50 Step)
◆CYL -0.75,-1.25,-1.75 AX 10°,20°,160°,170°のとき
 ±0.00~-6.00(0.25 Step) ,-6.50~-10.00(0.50 Step)
◆CYL -2.25 AX 10°,20°,160°,170°のとき
 ±0.00~-6.00(0.25 Step) ,-6.50~-8.00(0.50 Step)
C-0.75~-2.25 (0.50ステップ) 180 10 20 170 160 90 シリコーンハイドロゲルの特長である高い酸素透過率を損なうことなく、よりやわらかく、なじみやすい素材です。
2ウィークファインαトーリック
2ウィークファインαトーリック
S-0.50~-6.00(0.25Dステップ)
S-6.50~-9.00(0.50Dステップ)
-0.75~-1.75(-0.50間隔) 180°,90° 非イオン性低含水素材 汚れを引き寄せにくく、乾燥感の少ないレンズ
ダブルスラブオフ
2ウィークピュアうるおいプラス乱視用
2ウィークピュアうるおいプラス乱視用
S±0.00~-6.00(0.25Dステップ)、 S-6.50~-8.00(0.50Dステップ) -0.75~-1.75(-0.50間隔) 180° 独自のレンズデザインによる良好な視界を実現した国産乱視用2week。天然うるおい成分と両性イオン素材「SIB」による快適な装用感で、瞳にやさしくフィットします。

コンベンショナルタイプ

レンズ名 中心厚 含水率
ソフトトーリック
ソフトトーリック
0.14mm 38%
ソフト72トーリック
ソフト72トーリック
0.12mm 72%
予約はコンタクトレンズ外来予約または一般外来予約のすべての医師で受け付けておりますが、コンタクトレンズ外来予約ですと比較的待ち時間が少なくスムーズにご案内できます。 丁寧な対応をモットーにしております。

コンタクトレンズ外来担当医

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害者認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

非常勤医師三橋 純子 (日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成16年3月 東京女子医科大学医学部卒業

平成18年4月 東京女子医科大学病院 眼科入局

平成18年4月 東京女子医科大学病院眼科勤務 緑内障外来も担当

平成26年1月~平成28年1月 アイローズクリニック勤務

 

平成30年5月~ 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットの糖尿病網膜症発症初期におけるエリスロポエチン硝子体内注射の網膜血管退縮の抑制効果 Exp Eye Res 106: 64-73, 2012

”Intravitreal injection of erythropoietin protects against retinal vascular regression at the early stage of diabetic retinopathy in streptozotocin-induced diabetic rats.”

侵襲性副鼻腔アスペルギウス症に合併した鼻性視神経症の一例

”A case of rhinogenic optic neuropathy of invasive aspergillus sinus disease”

 

 

非常勤医師安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

安藤医師
所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務

平成21年1月~新宿東口眼科医 院非常勤医師就任

非常勤医師大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)

大木医師
所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授

平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師青柳 蘭子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会、日本網膜硝子体学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害補装具判定医
経歴

平成19年 日本大学医学部卒

平成20年4月 昭和大学付属豊洲病院(初期研修)
平成23年4月 町田市民病院
平成26年4月 東京労災病院

平成29年9月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

Subfoveal choroidal thickness in multiple evanescent white dot syndrome.

非常勤医師寺内 博夫(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会
経歴

昭和56年 帝京大学付属病院
昭和59年 天理よろづ相談所病院
平成2年  医療法人永田眼科
平成14年 関西医科大学付属病院
平成18年 医療法人寺内眼科
平成25年 医療法人永田眼科

平成28年11月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師藤谷 周子(日本眼科学会認定 眼科専門医)専門領域:眼瞼疾患

所属学会
日本眼科学会
経歴

平成3年3月 和歌山県立医科大学 
平成3年5月 大阪大学医学部附属病院眼科入局 
平成4年7月 市立堺病院眼科 
平成8年4月 市立豊中病院眼科
平成13年3月 バンダービルト大学病院メディカルセンター
平成21年4月 聖路加国際病院眼科 
平成25年4月   ほしあい眼科 
平成30年3月 はんがい眼科

 

平成29年9月 ~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

主な論文

Ptf1a determines horizontal and amacrine cell fates during mouse retinal development.

非常勤医師村戸 ドール

所属学会
日本眼科学会
資格
医学博士
経歴

平成元年 神戸大学医学部卒

平成16年~ 慶應義塾大学医学部眼科学教室 
平成25年 日本国医師免許獲得

平成30年2月~ 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任 現在に至る

主な論文

Changing trends in the treatment of dry-eye disease.

非常勤医師渡邊 富雄(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会
経歴

平成5年3月 東京慈恵会医科大卒
平成6年5月 東京慈恵会医科大学付属病院眼科 入局
平成11年7月 岡田眼科 勤務
平成13年4月 総合新川橋病院眼科 勤務

視能訓練士(常勤1名/非常勤5名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)