乱視 | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

乱視

※治療法、治療薬、検査に関しては、全て医師の判断となりますのでご理解の程宜しくお願い致します※
乱視の症状・原因の説明です。
新宿東口眼科医院では、主に「メガネ」「コンタクトレンズ」で矯正を行なっております。

乱視とは

乱視とは近視・遠視と同じ屈折異常のひとつです。角膜や水晶体の曲率(カーブ)が歪み、均一でないことから、屈折が強い方向・弱い方向が発生し眼の中で像が1点に結像しない状態です。
一定の角度で規則的に歪んでいる「正乱視」と、円錐角膜翼状片・角膜のキズなどによる角膜表面の不規則な歪み、水晶体の亜脱臼・水晶体の濁り(白内障)などの、眼科的な疾患が原因になって生じる「不正乱視」があります。正乱視は眼鏡のレンズでの矯正が可能ですが、不正乱視は眼鏡のレンズでは矯正が出来ません。

主な原因

◎正乱視

正乱視は、遺伝的なものや生活習慣など様々なものが要因となり、それらの要素が複雑に絡み合って起こると考えられています。

<先天性の原因>

遺伝によるものや、母親のお腹の中にいる時の状態や、出産の時の対処などが考えられます。

<後天性の原因>

近視の初期の段階に、遠くのものを無理に見ようとして目を細めることで、眼の周りの筋肉に角膜が押しつぶされて変形する場合があります。

◎不正乱視

不正乱視には、基本的に原因となる疾患が存在します。「円錐角膜」や「翼状片」などの角膜疾患が角膜のゆがみを引き起こし、不正乱視となる場合があります。また、さかさまつげやコンタクトレンズのトラブル等が原因となることもあります。角膜だけでなく、水晶体偏位や白内障によって発症するケースもあります。

主な症状

乱視の主な症状としては、近くも遠くも見えにくくなる「視力障害」や、片眼で見ても物が二重に見える「単眼複視」や、乱視を調整しようとして眼が疲れる 「眼精疲労」などがあります。ひどくなると、頭痛や肩こりなども引き起こします。夜間になると見えにくくなり、物がにじんで見えたり、文字がかすんで見え たりするという訴えもみられます。遠くも近くも見えにくい場合は、近視や遠視を併発していることも多いです。

矯正・治療法

◎正乱視

1番手軽で安全な矯正方法であるメガネは、主に正乱視の場合に使われ、「円柱レンズ」というものが使用されます。角膜の歪み(湾曲)が強い方向からの光の屈折をこのレンズで調整します。また、最近では乱視用のコンタクトレンズも色々なタイプのものが販売されています。

◎不正乱視

先述の円柱レンズは、不正乱視にはなかなか矯正効果を発揮できません。角膜が原因の角膜不正乱視の矯正には、ハードコンタクトレンズを使用するのが一般的 です。角膜の不規則な凸凹の表面をハードコンタクトが覆う事によって矯正します。しかし角膜の疾患が重度になってくるとハードコンタクトの効果では矯正し きれず、角膜移植を考え始めなければならなくなります。
また、さかさまつげやコンタクトレンズトラブルなどの表面の傷による角膜不正乱視は、まず付いてしまった角膜の傷を跡が残らないよう早く治療する必要があります。
水晶体乱視の場合は眼鏡やコンタクトでの矯正は難しくなります。水晶体の脱臼に対する治療や、白内障の手術を検討する必要がでてきます。

関連疾患

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

医師のご紹介

医師のご紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
日本眼科学会認定眼科専門医、眼科PDT認定医PDT認定医とは認定医一覧 身体障害者福祉法第15条に基づく指定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

掲載インタビュー
新川医師が新宿区ドクターズに掲載されました

常勤医師長谷川 二三代(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会、日本弱視斜視学会、日本神経眼科学会
資格
医学博士、日本眼科学会認定専門医、日本斜視弱視学会認定標榜医、A型ボツリヌス療法講習修了認定医(眼瞼痙攣/斜視)
経歴

平成4年 帝京大学医学部卒業
     帝京大学医学部麻酔科学教室入局
平成6年 東京警察病院麻酔科派遣勤務・麻酔標榜医取得
平成7年 帝京大学医学部眼科学教室入局
平成9年 社会福祉法人 聖母会 聖母病院派遣勤務
平成12年 日本眼科学会眼科専門医取得
平成14年 聖母病院眼科医長
平成15年 医学博士取得
平成27年 社会福祉法人 聖母会 聖母病院退職

令和2年4月~ 新宿東口眼科医院 常勤医師就任

主な論文

眼科臨床医報 第91巻 第4号(1997年4月)学校における眼外傷の後遺症について
眼科臨床医報 第99巻 第5号(2005年5月)白内障術後に周期性が消失した周期性上下斜視の1例
帝京医学雑誌 第26巻 第3号(2003年5月)間歇性外斜視に対する遮蔽試験における眼球運動の定量的解析

眼の病気について

診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索