しばらく眼科受診していないコンタクトレンズ利用の方々へ

コンタクトレンズの正しい使い方ができていますか?

洗浄や装用が正しくできていないと、知らず知らずのうちに眼疾患につながる可能性があります。
コンタクトレンズは適切な方法で扱いましょう。

汚れた手でコンタクトレンズのつけ外しを行う

一見手がきれいにみえても、細菌や汚れがついている可能性があります。
細菌によって感染をおこしたり、汚れがアレルギーの原因になることがあるので、手がきれいにみえてもしっかり手を洗ってからつけ外しを行いましょう。

化粧をした状態でコンタクトレンズを装用する

化粧汚れも眼疾患に繋がります。
化粧汚れの付着を防止するため、化粧をする前に装用する習慣をつけましょう。

コンタクトレンズ装用中に目をこすってしまうことがある

特にレンズの上から目をこすると角膜(黒目の部分)に傷がつくことがあります。
目をこすったということは何か原因があるはずなので原因に応じた治療を行いましょう。

ずっと同じレンズケースを使用し続けている

ケースも洗い完全に乾燥させないと、菌が繁殖する原因になります。
また完全に洗っていたとしても目に見えないところで菌が繁殖している可能性があるのでソフトコンタクトレンズケースなら1.5~3か月、ハードコンタクトレンズケースなら6か月~1年を目安に新しいケースに交換するようにしましょう。

コンタクトレンズを装用したまま就寝してしまった

連続装用が可能なレンズで、医者の許可を受けた方以外は、コンタクトレンズを装用したまま寝てはいけません。
なぜなら眠っている間は涙の分泌が少なく、目が乾き、コンタクトレンズで目に傷がつくなど眼疾患のリスクが高まるからです。
起床してからも眼の調子が悪い場合には、眼科受診をおすすめします。

装用期間や装用ルールを守っていない

1日タイプのレンズを装用後にケースへ保管して次の日も使ったり、2週間タイプのレンズを期間以上使ったりはしていませんか?
1日タイプはいったん目から外せば再度装用は出来ませんし、2週間タイプのレンズ期間以上使うことも出来ません。定められたルールから逸脱した使い方をしてしまうと、眼疾患へつながるリスクが高まります。
コンタクトレンズは定められたルールに従って使うことを前提に設計されているため、ルールから逸脱する方法で使用すると角膜や結膜に炎症を起こすことがあります。症状は、徐々に進んで慢性的であるため自覚がない場合や、軽い症状だからと放置し継続して逸脱した方法で使用していると、ある日突然重症になってしまう場合もあります。
レンズはルールを守って使いましょう。
万が一、ルールに反した使い方をしてきて現在気になる症状やご不安がある方は、装用を中止し早めに眼科を受診しましょう。

正しい装用の仕方や、レンズケアの方法は知っていますか?
もし、洗浄や装用をきちんとできていない場合、知らず知らずのうちにコンタクトレンズによる眼疾患に繋がっている可能性があります。

こうなる前に早めの受診を!

なお上記は一般的な説明ですので、今どんな状態であるかは眼科に行かなければわかりません。
もし気になる症状がある方は一度眼科を受診するといいでしょう。

コンタクトレンズ外来担当医

常勤医師浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)

浪川医師
所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了 平成17年4月 総合新川橋病院 出向(1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任 現在に至る

主な論文

「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
PDT講習会受講終了認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

非常勤医師安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

安藤医師
経歴

昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務
平成21年1月~新宿東口眼科医 院非常勤医師就任

非常勤医師大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)

大木医師
経歴

昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授
平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師寺内 博夫(日本眼科学会認定 眼科専門医)

経歴

昭和56年 帝京大学付属病院
昭和59年 天理よろず相談所病院
平成2年  医療法人永田眼科
平成14年 関西医大付属病院
平成18年 医療法人寺内眼科
平成25年 医療法人永田眼科
平成28年11月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師藤谷 周子(日本眼科学会認定 眼科専門医)専門領域:眼瞼疾患

経歴

平成3年3月 和歌山県立医科大学 
平成3年5月 大阪大学医学部附属病院眼科入局 
平成4年7月 市立堺病院眼科 
平成8年4月 市立豊中病院眼科 
平成21年4月 聖路加国際病院眼科 
平成25年4月   ほしあい眼科 
平成29年9月 ~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師青柳 蘭子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

経歴

平成19年 日本大学医学部卒

平成20年4月 昭和大学付属豊洲病院(初期研修)
平成23年4月 町田市民病院
平成26年4月 東京労災病院
平成29年9月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)