新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

186:目に良い食べ物は?

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 そろそろ梅雨の季節が近づいてきましたね。体調をくずされないようお気を付けください。 さて、今週のテーマは「目に良い食べ物は?」です。 人間の身体は食生活に大きく左右されます。目の健康状態ももちろんそれに大きく関わっていますが、今回は目に良いとされている代表的な栄養素を7つ紹介していきます。 1. ビタミンA・亜鉛:角膜に良い ビタミンAはロドプシンの合成・再合成に働き、レンズの一部とも言える角膜の新陳代謝を活性化し、角膜の表面をきれいに保ちます。また、亜鉛は血液中のビタミンAの量を正常に保ち、肝臓に蓄えられているビタミンAを円滑に利用するのに欠かせないものです。ビタミンAを十分にとっていても、亜鉛が不足していると視力の回復力が低下します。 *食材例 緑黄色野菜全般(人参、小松菜 、ほうれん草、春菊、パセリ等)・うなぎ・レバー・紫蘇・牡蠣・ほたて貝・牛・豚股肉・鰯など 2.ビタミンB群:新陳代謝や粘膜保護などエネルギー代謝を促し、目の充血、眼精疲労、視力低下を防ぎます *食材例 豚肉・うなぎ・レバー・カキ・豆類・小麦・玄米・ナッツ類・秋刀魚・鰯・牛乳・卵・納豆・ひじきなど 3.ビタミンC/E・マグネシウム:硝子体・毛様体筋に良い 眼球の硝子体は一種のコラーゲンでできています。ビタミンCはコラーゲンの合成に不可欠な成分です。また、強い抗酸化作用があり、目の粘膜や水晶体も保護します。 ビタミンEには血行促進作用があり、レンズの厚みを調節する毛様体筋の筋肉のコリをほぐして、血行を良くしてくれます。これは、疲れた時に取ると良いといわれるクエン酸が、蓄積された疲労物質を除去し緊張をほぐしてくれるためです。 ビタミンCは抗酸化に強いビタミンEと一緒に摂取するとより効果的です。 *食材例 ブロッコリー・ほうれん草・小松菜・キャベツ・南瓜・じゃがいも・サツマイモ・レモン・鰻・スルメ・海老・ウニ・カシューナッツ・落花生・大豆・納豆・ごま・玄米・梅干・タラコなど 4.ルテイン・アントシアニン:網膜に良い カロテノイドの一種で抗酸化作用が強く、網膜を紫外線や活性酸素から守っています。ルテインは体内で合成できないため、食事から摂取する必要があります。また、網膜ではロドキシンという神経伝達物質作るためにアントシアニンという栄養素が必要です。アントシアニンはロドキシンの再合成を助け、暗がりでも見えるようになったり、目の疲労回復が早まります。 *食材例 緑黄色野菜全般(ほうれん草・ケール・キャベツ・レタス・ブロッコリーなど)・ナス・赤ワイン・ブルーベリー・ブラックカラント・紫イモなど 5.DHA:視神経に良い DHA(ドコサヘキサエン酸)は網膜の代謝を活発化し、脳をつなぐ視神経の活動を活性化し情報伝達をスムーズにします。網膜を構成する重要な栄養素であり、不足すると眼や視神経の疲労となります。 *食材例 サバ・ハマチ・マグロ(トロ) などの魚介類 6. ラクトフェリン:涙腺に良い 眼球を守る質の良い涙を作るためには、ラクトフェリンが必要です。ラクトフェリンは涙に含まれるタンパク質であり、涙の質を高める働きがあります。 *食材例 ナチュラルチーズなどの乳製品 これらの食品を摂取したからといって、すぐに目が良くなるというわけではありません。バランスのとれた食事と規則正しい生活リズムによって、身体そのものが健康になることが、目の健康にもつながります。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索