• web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

後部硝子体剥離

※治療法、治療薬、検査に関しては、全て医師の判断となりますのでご理解の程宜しくお願い致します※
後部硝子体剥離
後部硝子体剥離の症状・原因の説明です。
新宿東口眼科医院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底部)を詳しく診る眼底検査・レーザー治療をしております。

後部硝子体剥離とは

目の内部を満たす硝子体は、若い頃であれば通常透明なゼリー状です。この硝子体が加齢とともに変質し、繊維状の物質や濁りなどが生じてゼリー状から液状へと変化します。このため硝子体の中で水の塊ができ、これが巨大化すると硝子体が後部の網膜との接触部分から離れます。これを後部硝子体剥離と言います。

ワイスリング/weiss ring

視神経乳頭縁に接する部分の硝子体が、乳頭の形に対応してリング状に剥がれる事があります。この特徴的な線維性混濁は、ワイスリングと呼ばれます。「輪のような形の浮遊物が見える」というような自覚症状を訴える事もあります。

後部硝子体剥離の症状

後部硝子体剥離が起こると、飛蚊症になることがあります。飛蚊症とは、明るいところや白い壁を見た時に、視界に黒い点や糸くずのようなものが見える症状です。眼の前に蚊が飛んでいるように見えることからこの名前がついています。眼を動かすと、硝子体の中のにごりもゆらゆら動き、それに伴って瞳孔から入ってきた光でできるにごりの影も揺れ動きます。そのため眼を動かすたびに、浮遊物が飛んでいるように見えます。後部硝子体剥離の時は、もともと視神経乳頭の周囲にあたる丸い輪の形をした硝子体のにごりが網膜の近くに浮かぶことになり、これが影を落として飛蚊症として自覚されます。
また、後部硝子体剥離が起こる時に、網膜と硝子体のくっつきが強い部分の網膜を引っ張り、この刺激が光刺激として脳に伝わると、「ピカピカ光っているものが見える」「稲妻が走っている」などの、光視症と呼ばれる症状が現れることもあります。

後部硝子体剥離の原因

後部硝子体剥離は硝子体の老化現象といえます。加齢とともに硝子体のコラーゲン線維が縮んで、網膜から離れ前方に移動するために起こります。水晶体の老化現象の白内障と同じです。活性酸素が老化を促すとの説もあります。
また、眼軸が長い強度近視の眼にも起こりやすいといわれています。

後部硝子体剥離の検査

視力・眼圧・眼底検査を行います。

眼底検査

眼底にある網膜やその手前にある硝子体の状態をくわしく調べます。
検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。光がまぶしく、近くが見えづらくなる状態が約5~6時間(※個人差があります)続きますが、自然に元に戻ります。

後部硝子体剥離の治療

後部硝子体剥離自体は老化現象の一種です。飛蚊症を伴う場合もありますが必ずしも治療の必要はありません。しかし、後部硝子体剥離が進行すると、網膜剥離や網膜裂孔を起こす可能性があるので、経過観察が必要です。
網膜剥離等を起こしている場合は手術が必要になってきます。手術の内容は、光凝固術(裂け目の周囲をレーザー光でふさぐ)、網膜復位術(剥離した網膜を元の位置に戻す)、硝子体手術(出血によって濁った硝子体を取り除く)のようなものがあり、症状や剥離の進行状態によって、どの手術を行うかが決まります。
手術の内容によっては大学病院等の他院を紹介する場合もあります。

関連疾患

医師のご紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医(PDT認定医とは認定医一覧 )、身体障害者福祉法第15条に基づく指定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

掲載インタビュー
新川医師が新宿区ドクターズに掲載されました

常勤医師長谷川 二三代(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会、日本弱視斜視学会、日本神経眼科学会
資格
医学博士、日本眼科学会認定専門医、日本斜視弱視学会認定標榜医、A型ボツリヌス療法講習修了認定医
経歴

平成4年 帝京大学医学部卒業
     帝京大学医学部麻酔科学教室入局
平成6年 東京警察病院麻酔科派遣勤務・麻酔標榜医取得
平成7年 帝京大学医学部眼科学教室入局
平成9年 社会福祉法人 聖母会 聖母病院派遣勤務
平成12年 日本眼科学会眼科専門医取得
平成14年 聖母病院眼科医長
平成15年 医学博士取得
平成27年 社会福祉法人 聖母会 聖母病院退職

令和2年4月~ 新宿東口眼科医院 常勤医師就任

主な論文

眼科臨床医報 第91巻 第4号(1997年4月)学校における眼外傷の後遺症について
眼科臨床医報 第99巻 第5号(2005年5月)白内障術後に周期性が消失した周期性上下斜視の1例
帝京医学雑誌 第26巻 第3号(2003年5月)間歇性外斜視に対する遮蔽試験における眼球運動の定量的解析

視能訓練士(常勤4名/非常勤3名)、看護師(常勤1名/非常勤4名)

眼の病気について

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索