×

代表的な眼科疾患

×

コンタクトレンズ外来

×

  1. 新宿眼科:ホーム
  2. 眼の病気について
  3. 黄斑浮腫

黄斑浮腫

黄斑浮腫
黄斑浮腫の説明です。
新宿東口眼科医院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底部)を詳しく診る眼底検査・抗VEGF抗体療法・レーザー治療をしております。

黄斑浮腫の症状

網膜の中心となる黄斑部に液状な成分がたまり、浮腫みを起こし視力が低下する病気のことを言います。糖尿病網膜症網膜静脈閉塞症、その他の原因から視力にとって最も重要な部位である黄斑部に浮腫が生じます。
主な症状は、視力低下、変視症、霧視(ぼやけて見える)、ゆがんで見える、などです。
黄斑浮腫は、いろいろな病気から引き続いて起こることがあります。たとえば、網膜静脈閉塞症に伴う眼底出血の時、糖尿病網膜症の時、サルコイドーシスやベーチェットなどに伴うぶどう膜炎の時などです。これらの病気で、血管からの水分の漏れが多くなると、網膜の浮腫(むくみ)として発症します。
黄斑浮腫

黄斑浮腫の検査

視力測定眼底検査のほかに、OCT(光干渉断層計)の撮影を行います。視力は、黄斑上膜による網膜の引きつれ(しわ)の程度を反映する指標として重要です。眼底検査では、黄斑部の網膜の上にある膜やそれにより生じた網膜の引きつれ(しわ)を観察します。これらに加え、OCTでは、網膜の断層像を見ることが出来、膜により網膜がどのくらい引っ張られているかも見ることができます。

正常な網膜/黄斑浮腫の網膜

黄斑浮腫の治療

黄斑浮腫の治療法はいくつかあります。
まず、上述のような原因となる病気の治療が必要です。それにより浮腫(むくみ)がすぐに解消すれば、それでよいのですが、なかなか解消せず浮腫(むくみ)が続くと、だんだん網膜の神経が傷み、機能が戻らなくなってしまうことがあります。
対症療法について説明します。

ステロイドの注射 ステロイド(副腎皮質ホルモン)には、血管からの液体成分の滲み出しを減らし、黄斑の浮腫を減らす効果があることが知られています。しかしステロイドは糖尿病を悪化させるため、全身投与(内服あるいは静脈注射)はできません。そこで黄斑だけに効果を集中させるために、作用が長期間続くステロイド剤を眼球に直接注射します。

注射は感染防止のため手術室で、眼球の周りを十分に消毒した上で行います。目薬で麻酔し、細い針を使って、白目の部分から薬剤を注入します。入院の必要はありませんが、目の状態をチェックするため、注射の翌日も外来を受診していただきます。
 注射液には白い顆粒が含まれているため、目の中で拡散するとその影が見える(飛蚊症)ことがあります。飛蚊症はしばらく残りますが、視力に影響することはありません。

またステロイドには眼圧を上昇させる作用があるため、5%程度の患者さんで眼圧上昇し、点眼による治療が必要になります。しかし、眼圧を下げる手術が必要になるのは0.5%以下です。その他に、4%の患者さんで白内障の進行が、0.5%以下の患者さんで細菌の感染が生じると報告されています。1回の注射の効果は数ヶ月が限界であり、黄斑浮腫が再発すれば注射を繰返す必要があります。
硝子体手術 硝子体切除、内境界膜を剥離し、網膜が眼球の内側に引っ張られる力を解除します。また、科学的物質の除去や酸素分圧を高める事で浮腫みを軽減します。
※当院では行っておりません
レーザー光凝固術 眼底のようすを立体的に把握できる細隙灯顕微鏡を用いた検査や蛍光眼底検査により、毛細血管瘤や血液が漏れ出ている箇所(漏出点)を確認し、その箇所をレーザー光凝固術で凝固します(局所凝固)。
 光凝固術は、黄斑症治療の中心的な手段ですが、この局所性浮腫の段階で最も効果を発揮し、浮腫が改善すれば視力は回復します。
抗VEGF抗体療法 眼の中に血管内皮細胞成長因子という物質がたまるとことが糖尿病黄斑浮腫の原因であることがわかっており、その活動を抑制する抗体を眼球内に注射します。注射は感染防止のため原則的に手術室で行います。目薬で麻酔し、細い針を使って、白目の部分から薬剤を注入します。入院の必要はありませんが、目の状態や、全身の状態(血圧の変動や、まれに血栓が生じる場合もあります)を確認するため、注射の翌日も受診していただく必要があります。

関連疾患

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
PDT講習会受講終了認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

  • ※初めての方でもご予約可能です。
  • 一般外来を予約する
  • コンタクトレンズ外来を予約する
  • 網膜・硝子体専門治療を予約する
  • ドライアイ専門治療を予約する
  • 黄斑疾患専門治療を予約する
  • 緑内障専門治療を予約する
  • 白内障専門治療を予約する
  • 新川医師の池袋の専門治療を予約する

常勤医師浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)

浪川医師
所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了 平成17年4月 総合新川橋病院 出向(1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任 現在に至る

主な論文

「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

  • ※初めての方でもご予約可能です。
  • 一般外来を予約する
  • コンタクトレンズ外来を予約する
  • 緑内障専門治療を予約する

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)

夜間受付のご案内

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
平日

午前 11:30~13:45
午後 15:00~19:30

受付終了時刻 19:30
土曜

午前 11:00~13:45
午後 15:00~19:00

受付終了時刻 19:00
日曜
祝日

11:00~18:00

受付終了時刻 18:00

ご予約について

※初めての方でもご予約可能です。
※ご予約なしでも受診できます。
※待ち時間が出る場合には一時外出もできます。
※土曜・日曜・祝日もご予約可能です。

電話予約

03-5363-0507
当日のご予約はお電話にて受付しております。

WEB予約

アクセス


住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。