新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

日食網膜症

※治療法、治療薬、検査に関しては、全て医師の判断となりますのでご理解の程宜しくお願い致します※
日食網膜症の症状・原因の説明です。
太陽を直接見てしまった人・金環日食後から眼に違和感や視力低下を感じる方は眼科の受診をおすすめします。

日食網膜症とは

日食を直視することで太陽の強い光が目に入り、網膜に障害をきたす眼疾患です。
太陽の強い光によって網膜がやけどの状態になり、目になんらかの症状が現れてきます。
日食網膜症とは

日食網膜症の特徴

観察直後は無症状であったとしても、時間が経ってから充血や視力低下、中心暗点、目の奥の痛みや違和感を訴えることがあります。

日食網膜症の原因

日食観察の際に、日食グラスなどを使用せずに直接太陽を観察してしまうなどの誤った方法による観察を行ってしまったために起こる疾患です。

日食網膜症の症状

日食網膜症では目に痛みや熱さ、疲労感・めまいを起こすこともあります。網膜の細胞が受けた損傷の程度によっては視力低下を感じたり、視野の中央に中心暗点が残ることもあります。観察中や観察直後は無症状であっても、数時間後、数日後と時間が経ってから症状が出現することもあります。
晴れた日の観察、眼球の透過性が高い乳幼児や小児、白内障により眼内レンズを挿入している方は発症のリスクが高いとされています。また、観察していた時間が長ければ長いほど、リスクは高まるとされています。
日食網膜症の症状

日食網膜症の検査

日食グラスを使ったか、直接観察してしまったか等、どんな方法で観察したのか、太陽を見つめた時間や当時の天候、症状が出た時期を問診でお聞きします。
症状を詳しく聞いた後、視力や眼圧検査などの基礎検査を行います。場合によっては、網膜の状態を詳しく見るために眼底検査OCTを行います。
眼底検査とは、散瞳薬を使って瞳孔を広げ、検眼鏡を使って瞳孔から眼球の奥の網膜の状態を調べる検査です。
OCT(光干渉断層計)

日食網膜症にならないために

日食網膜症にならないために、正しい方法で太陽を観察しましょう。

太陽の正しい観察方法

太陽はたいへん強い光と熱を出しますので、正しい方法で観察しないと目を痛める危険性があります。
太陽を観察したい場合は、必ず『太陽観察専用のサングラス』をご利用下さい。

太陽を見るときの禁止事項

  • 肉眼で直接太陽を見る
    →たとえ短い時間であっても、目を痛めてしまいます。
  • 下敷きやCD、フィルムの切れ端、すすをつけたガラス板、サングラスやゴーグルなどを使って太陽を間接的に見る
    →見た目ではあまりまぶしく感じなくても、光の遮断が不十分なものや、目に有害な波長の光を通しやすいものがあり、気づかないうちに網膜を損傷してしまう危険性があります。
※下敷きについては、安全に太陽観察をすることができる製品もありますので、よく確認してから使用しましょう。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

医師のご紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害者認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

掲載インタビュー
新川医師が新宿区ドクターズに掲載されました

視能訓練士(常勤1名/非常勤5名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)

眼の病気について

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索