新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

113:雪目(電気性眼炎)

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 2011年となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか? スキーシーズンも本格的に到来し、お正月休みに出かけられた方、また、これから出かけられるご予定の方もいらっしゃるかと思います。その際、ぜひ注意していただきたいのが紫外線です。紫外線といえば、夏のイメージが強いものですが、1年中私たちの身体に降り注いでいます。特に、スキー場等、冬の雪面においては紫外線を反射しやすく、「雪目」に注意が必要です。 そこで、今週のテーマは「雪目(電気性眼炎)とは」です。 <雪目(電気性眼炎)とは> 雪目(電気性眼炎)は、紫外線によって起こる角膜の表面が傷つく病気です。紫外線の強い場所、たとえばスキー場、海水浴場、高山など、また紫外線の多い職場(殺菌灯を使用する場所)、紫外線の出る機械・器具の近くでの仕事(電気溶接作業等)などで、角膜が直接かつ長時間紫外線にさらされた場合に引き起こされます。 <症状> 強い紫外線にさらされてから6~10時間程度で、「結膜の充血」、「目がゴロゴロする」、「涙が出る」、「目が痛くてまぶしい」などの症状があらわれます。 また、中には、夜間に症状が強くて眼があけられなくなり、救急外来を訪れるケースもみられます。角膜の病変は主にびまん性の表層角膜炎で、角膜びらんを生じることもあります。 <診察> 診察にあたっては、まず、疼痛をとるため、点眼麻酔を十分に行い、ゆっくり眼をあけさせます。ライトで斜めから角膜を照らすと、角膜表面の反射の乱れや角膜表面の薄い混濁、また、結膜が充血して赤くなっているのを観察されます。 <治療> 治療としては、感染予防のために抗菌薬を点眼し、目の痛みに対しては鎮痛薬を使用します。通常であれば1~2日程度で治ります。 <予防> 予防としては、強い紫外線にさらされる場所では、紫外線から目を保護するためのサングラスやゴーグルが有効です。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索