新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

121:花粉症の時期と種類

こんにちは、新宿東口眼科医院です。 最近は暖かい日も多く、本格的な春がだんだん近づいてきていますね。 今回のテーマは「花粉症の時期と種類」です。 <花粉症の時期> 日本は南北に細長い国のため、飛散する花粉には地域差があります。 春先、北海道では白樺花粉が多く飛散しますが、本州・四国・九州ではスギ花粉が多く飛散します。そして、初夏はイネ科の花粉、秋はブタクサの花粉、といったような季節による違いもあります。花粉症は2月~4月にかけてのみ発症するのではなく、原因となる花粉の種類によっては、夏や秋にも発症します。また、飛散時期は、同じ植物でも北と南の温度差で異なります。ですので、ほぼ通年、何かしらの花粉が飛んでいるということになります。 花粉症の症状は鼻水、くしゃみが止まらないというものが多いので、風邪と間違う場合がありますが、毎年、同じ時期にくしゃみ、鼻水が止まらず、風邪だと思っていた人は花粉症を一度疑ってみるのもいいかもしれません。 <花粉症の種類> 花粉症の原因となる植物は、約60種類といわれています。その中で、大きく2種類に分別することが出来ます。それは、主に樹木から発生する花粉と、草花から発生する花粉です。花粉は風に運ばれ、飛散します。それぞれの土地によって、花粉症の原因(アレルゲン)は異なりますが、現在、日本の人口の約20パーセントは、スギがアレルゲンとなって花粉症を引き起こされ、その中で、目の症状は約95パーセントにみられるといわれています。 ~代表的な花粉症の原因(アレルゲン)~ ■ハンノキ…1月~3月 ■スギ…1月~5月 ■ヒノキ…3月~5月 ■シラカンバ…4月~6月 ■スズメテッポウ…4月~7月 ■カモガヤ…4月~7月 ■ハルガヤ…5月~7月 ■オオアワガエリ…6月~8月 ■ブタクサ…8月~10月 ■ヨモギ…8月~10月 ■カナムグラ…9月~10月 ■アキノキリンソウ…11月~12月

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索