新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

123:ドライマウスとドライアイの関係

こんにちは、新宿東口眼科医院です。 先日の地震で、皆様はご無事だったでしょうか。 当院は通常通り診療を行っております。ご来院の際は充分にお気をつけて下さいませ。 今回のテーマは「ドライアイとドライマウスの関係」です。 女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、目の水晶体のコラーゲンが減少して、目が乾いてドライアイになりやすくなります。 また、自律神経が乱れると、唾液の分泌が減ってドライマウスになってしまいます。 どちらか片方の症状が出ている場合は、適切なケアを行えば問題ありませんが、もし両方の症状が出ている場合は、シェーグレン症候群という涙と唾液の分泌障害の可能性もあります。 必ず専門の病院で検査を受けるようにしましょう。 シェーグレン症候群とは… 自己免疫疾患の一種であり、涙腺の涙分泌を障害、唾液腺の唾液分泌などを障害します。40~60歳の中年女性に好発し、男女比は1対14ほどになります。 誤解してはいけないことは、全てのドライアイがシェーグレン症候群ではないということです。シェーグレン症候群はドライアイを呈する患者さんの一割未満であると思われます。 シェーグレン症候群の原因 シェーグレン症候群は、腺細胞からの分泌物の低下が基礎となり、様々な症状が現れる疾患です。 シェーグレン症候群の症状 主な症状は、まず眼症状です。涙の分泌様式は2種類あり、ひとつは基礎分泌といって日常の普通の状態での分泌様式です。シェーグレン症候群ではないドライアイは この分泌様式に障害があるものと推測できます。一方、反射性分泌という分泌様式がありますが、これは悲しい映画を見たり,玉葱をきったり、ゴミが目に入ったときにはたらく分泌様式です。シェーグレン症候群の場合はこの分泌様式も障害されます。 口腔症状はドライマウス(口腔乾燥症)で、自己免疫現象により自らの唾液腺が破壊され唾液の分泌が減少により起こります。唾液には抗菌作用を持つ物質が含まれています。またミネラルによって歯を守る働きもします。よって唾液分泌の減少は虫歯の増加、その他の自覚症状としては、味覚変化、口内炎の好発や乾燥が喉まで至り食べ物が喉を通らなかったり、声のかすれもある。また他覚的な症状としては舌乳頭の萎縮で舌が平坦になることが特徴にあります。 シェーグレン症候群の治療 残念ながら現在シェーグレン症候群発症の原因が解明されていないことより、この疾患を対症的に治療することはできても、治癒させるまでにはいたっていないのが現状です。 医師にとっても、患者にとっても治療における現時点でのゴールは、いかにこの疾患と上手くつき合っていくかにあります。 当院での検査 当院では、ドライアイの検査として以下の検査を行っております。 ①シルマーテスト シルマーテストは、涙の量を測定するドライアイを診断するために欠かせない代表的な検査法です。ドライアイは、涙の量が不足して起こる病気で、診断には涙液が正常に分泌されているかどうかを調べることが重要になります。 シルマーテストの方法は、大きさが7×50ミリほどの細い濾紙(涙紙)の一端を少し折り曲げ、眼の涙点上に挟んで5分間まぶたを閉じます。濾紙に涙がしみこんでくるので、その数値を読み取って涙の量を計測します。現在、シルマーテストによる診断の目安は、5分間に出る涙の量が10mm前後であれば、正常と判断され、5mm以下であればドライアイが疑われます。 当院での治療法 当院では主にドライアイの治療を行っております。 眼液による治療 涙液分泌自体を促進させる薬物はなく、人工涙液点眼液で不足した涙液の補充を行う方法です。涙液分泌が少ない為に点眼液に含まれる防腐剤などの添加物による副作用が起こりやすいので、点眼液は添加剤を含まないものを処方します。 ②点閉鎖による治療 涙は目の表面から蒸発する以外はほとんどが涙点から鼻に出る為、 涙点を閉じて涙の流出を抑え、涙を眼の表面に十分に溜める方法です。池袋サンシャイン通り眼科診療所では2種類の涙点プラグを利用した治療をしております。 (1) スーパーフレックスプラグ(ホワイトメディカル)承認番号21200ZY00283000 (2) コラーゲン製涙点プラグ承認番号21900BZZ00027000

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索