新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

138:点状表層角膜炎の症状と原因について

こんにちは。 新宿東口眼科医院です。 節電の初夏いかがお過ごしでしょうか? 今回のメールマガジンは点状表層角膜炎の症状と原因についてのご案内です。 ①点状表装角膜炎とは? 角膜の表面は、皮膚の表皮のように上皮という組織でおおわれています。 この上皮に点状の傷がついた状態を点状表層角膜症といいます。 角膜の上皮細胞が部分的に脱落した状態です。 炎症が強ければ点状表層角膜炎あるいは表層性角膜炎という用語も使用されますが、 最近は点状表層角膜症に統一されつつあります。 ②症状 点状表層角膜炎の症状としては、眼が痛む、涙目になる、光に対して眼が過敏になる、 眼が充血するなどの症状が出ます。ものがぼやけて見えることもあります。 また、眼の中のヒリヒリ感やざらつき感、異物が入っているような感覚があることがあります。 紫外線が原因の場合、症状は眼が紫外線にさらされて数時間 たってから現れ、 1~2日間続きます。ウイルスが原因の場合は、感染した眼と同じ側の耳の前にある リンパ節に腫れや圧痛が生じることがおおいです。 ③原因 点状表層角膜炎の原因としては、ウイルス感染症、細菌感染症、ドライアイ、 強い化学物質、紫外線(太陽光、太陽灯、溶接光など)、 コンタクトレンズの長時間装用による刺激、点眼薬による刺激、 点眼薬に対するアレルギーによる刺激などがあります。 また、ある種の薬物を内服あるいは静脈注射で使用した際の副作用として この病気が現れることもあります。 また、コンタクトによる点状表層角膜炎と思われ受診された患者様が 実はアカントアメーバが原因だったという ケースもありますので、 患者様としては自己判断せずに当院を受診される事をお勧めします。 ④治療について 細菌感染やコンタクトレンズによる刺激が原因の場合は抗生物質を使用します。 ドライアイが原因の場合は、軟膏や人工涙液(人の涙に似た成分でつくられた点眼薬)が有効です。 強い紫外線が原因の場合は、抗生物質軟膏、眼帯などで症状が軽減できます。 薬に対する反応や点眼薬に対するアレルギー反応が原因の場合は、 その薬剤の使用をやめる必要があります。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索