新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

171:まつげエクステによる目への影響

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 まだ寒い日が続いておりますが、インフルエンザ・風邪に気をつけて暖かくしてお過ごしください。 今回のテーマは「まつげエクステによる目の影響」です。 ◆まつげエクステとは? まつげエクステとは、”まつげエクステンション”を略して表した用語で”まつエク””エクステ”などとも呼ばれています。自分のまつげに、人工のまつげを接着剤で接着し、長くボリュームアップさせる美容方法です。 ◆ まつげエクステによる目の影響 まつげエクステは、目というデリケートな部分に接着剤を使用するので、目が充血したり、まぶたが腫れたりという健康被害のクレームが、全国の消費者センターなどに寄せられ、件数も年々増加しています。 危険な場合は、視力障害が起きてしまう可能性も否定はできないレベルでして、本来は、まつげエクステは美容師の資格がなければできませんが、現状では資格なしで行っている業者も多いですから注意が必要です。 まつげエクステは、目というデリケートな部分に接着剤などの刺激物を使用しますので、その接着剤があわずにまぶたが赤くはれたり(眼瞼炎)、目に入ってしまい角膜びらんや角膜炎などを引き起こしてしまうことがあります。また、人工のまつげは本物のまつげと比較して硬くて太いため、目に入ったときに角膜を傷つけてしまう可能性があり、そこから細菌などに感染すると、炎症が起こり、角膜潰瘍などの病気につながる場合があります。 まつげエクステを行った後、以下のような症状がある場合は眼科を受診される事をお薦めします。 ● まぶたが赤くなる、腫れる、かゆい⇒眼瞼炎の可能性があります。 ● 目が痛い、異物感がある、充血している、涙が出る、光がまぶしい ⇒角膜炎や角膜びらんの可能性があります。 また、厚生労働省によると、まつげエクステによるトラブルの相談件数が年々増加しおり、国民生活センターでも危険性について呼びかけを行っております。 http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20100217_2.html まつげエクステを行う際は、その危険性をしっかりと把握し、技術的に信頼できるサロンを選ぶようにしましょう。また、異常を感じたらすぐに眼科受診をするようにしましょう。 ●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索