新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

181:眼にゴミが入ったらどうするか

こんにちは。新宿東口眼科医院でございます。 ゴールデンウィークに入り、初夏のような陽気となってまいりました。 気温の変動が大きい季節につき体調管理に十分お気をつけください。 今週のテーマは「眼にゴミが入ったらどうするか」です。 眼にゴミが入った時、とっさに眼をこすってしまうと、角膜を傷つけたり、上瞼の裏側に張り付いたりして、かえって痛みがひどくなったり、取りにくくなったりします。 ではどうしたらいいかですが、眼に入ったゴミの種類によって対応は変わります。 まずほこりや砂、睫毛や小虫などのゴミが入った場合は、鏡でまずゴミがどこにあるか確認し、静かに瞬きをして異物が黒眼から外れていくようなら、白目や下瞼に移動した所でティッシュや綿棒などでそっとすくいとります。 位置が良く分からない場合、清潔な洗面器などに水を流しながら、そこに顔を浸し、水の中で静かに瞬きを繰り返してみてください。 上記の方法でも異物感や痛みなどがなくならないようなら眼科で診て貰うことをお薦めします。 注意が必要なゴミ・異物は金属片、ガラス片、薬品の3つとなります。 これらが眼に入った時は眼科での診察が基本的に必要となります。 鉄などの金属片の場合、硬くて鋭利なものが多いため、角膜などを傷つけやすく、また涙は塩分を含んでいるため、酸化しやすい金属の場合、早ければ数時間後には眼の中で錆びてしまいます。この錆が眼の細胞にダメージを与えるため、金属片の除去のみならず、錆の徹底的な除去も必要となります。 ガラス片はごく微細なものでも非常に鋭利で、また透明なものが多く見つけにくいため、これもすぐに眼科医による対応が必要となります。 金属片やガラス片が眼に入った場合、洗眼などの応急手当を行いつつ、できるだけ速やかに眼科を受診するようにしてください。 薬品ですが、特に酸やアルカリが強いものは危険です。眼に少量でも入ったらすぐに大量の水道水で洗眼を行ってください。最低でも20分の洗眼が必要といわれています。 洗眼後、痛みなどがなくなっても念のため眼科は受診するようにしてください。薬品によっては時間が経過してから細胞などを侵食する可能性もあります。 ●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索