新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

20:斜視について

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 日増しに春らしくなってきましたね。そろそろお散歩が楽しくなる季節です。 さて、今週のテーマは【斜視】です。 ■斜視とは・・・ 斜視とは,両眼の視線が正しく見る目標に向かわないものをいいます。 外見上は片方の目が正しい方向を向いているのに,他の目が内側や外側,あるいは上下に向いている異常です。 また、斜視のように見えても、実際はそうでないものを「偽斜視」といいます。 乳幼児期には鼻根部(目と目の間)の発育が不良で、鼻側の白目が見えず、一見斜視に見える「偽内斜視」が多いのです。この場合は、成長とともに正常に見えるようになります。 ■原因 ①眼の筋肉や神経などの異常 目を動かす筋肉や神経にわずかの異常があると、目の位置がずれ、両目が一緒に正しくものを見ることができず、斜視になることがあります。 ②屈折異常 目はものを見るときにそのものにピントあわせを行います。近くを見るときには、目は内側によります。 遠視では、強くピントあわせを行わないと、はっきりと見えないため、目はかなり内側によってしまい、斜視になる場合があります(内斜視)。 他に、強い近視等でも眼位に異常が出る場合があります。 ③両眼視の異常 遺伝や脳の異常などが原因で、両眼視がうまくできない場合、それぞれの目がばらばらな方向を見るようになり、斜視になることがあります。 ④視力不良 病気やけがで、片方の目の視力が悪くなると、両眼視ができず、視力の悪い目が斜視になる場合があります。大抵の場合、その目は外側を向きます(外斜視)。 ■ 治療法 斜視の原因が屈折異常の場合には、通常、めがね等で矯正をします。 原因が屈折以外の場合には、原因になる病気の治療をして斜視が残る場合は目の筋肉を調節する手術を行うことがあります。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索