新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

209:眼球打撲した時の注意

こんにちは。新宿東口眼科医院でございます。 寒い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。お体ご自愛くださいませ。 今週のテーマは「眼球打撲したときの注意点」です。 ● 眼球打撲による症状や関連疾患 眼球打撲は目に対して強い衝撃 を受 ける こと(転んで眼をぶつけた、球技をしてい てボールが直接当たった、相手の選手と接触した際に眼を強く打ったなど)により血管の損傷や細胞の破壊を生じますので、以下の症状や関連疾患を起こす可能性があります。主に、かすみ、充血、眼痛、前房出血(房水中に血液が溜まっている状態)、虹彩・毛様体炎、物が二重に見える、視力低下などの症状が出ます。かすみや強い眼痛がある場合、眼球内出血による急性緑内障を起こしている可能性もあります。また、打撲後しばらく経ってから、網膜剥離緑内障白内障になることもあります。 ● 救急処置 まずは打撲した部位近辺を冷たいタオルなどで冷やしてください。内出血を抑制するのが目的です。 ● 打撲時の受診の際に気をつけること 外傷の時間、場所、外傷の原因となった物、物はどの方向からどれくらいの距離から飛んできたか、物は清潔であったか、打撲した時は眼鏡やコンタクトをしていたか、急激な視力低下があったか、視力低下は進行したか、両眼か片眼か、外傷前の視力はどれくらいあったか、外傷前から眼疾患があったか、これらを記録した上で眼科を受診し、適切な処置と治療を受けましょう。 ●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索