新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

211:アデノウイルス感染症

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 日増しに寒さが身にしみるようになりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回のテーマは「アデノウイルス感染症」についてです。 アデノウイルスとは、様々な疾患を引き起こすウイルスで、人に感染するものが約50種類あると言われています。 アデノウイルスが原因で起こる代表的な眼疾患として、流行性角結膜炎・咽頭結膜熱が上げられます。流行性角結膜炎は「はやり目」とも呼ばれており、アデノウイルス8・19・37型が原因とされています。咽頭結膜熱は「プール熱」とも呼ばれており、アデノウイルス3・4・7型が原因とされています。どちらも感染力が非常に強く、感染すると出席停止となる学校伝染病のひとつです。 潜伏期間は約1~2週間で、軽い風邪症状と共に発症することが多く、充血・眼脂・涙・痛み・かゆみが主な症状です。片眼性の疾患ですが、患眼から他眼に感染し時間差で両眼に発症することがほとんどで、治癒するまでに10日~2週間程かかります。角膜などに後遺症を残す可能性があるため、感染が確認された場合には完治するまで医師の診察を受け、治療を続けてください。 アデノウイルスに対する特効薬はなく、治療には他の細菌やウイルス感染防止のための抗菌剤や、炎症を抑えるためのステロイド薬を使用します。 感染防止には小まめな手洗いとアルコール消毒が重要です。眼に触れた手でさわった物や場所にウイルスが付着し、他人がそれをさわった手で眼に触れると感染してしまいます。家族内でタオルを分けたり、入浴を最後にすると良いでしょう。 アデノウイルス感染症は、感染症の中でも非常に感染力の強い疾患です。出来る限り外出は避け、休めるようならお仕事も休んだ方が良いでしょう。やむを得ず外出・出勤する際は、感染拡大に十分注意してください。 上記のような症状になった場合、コンタクトレンズの装用はすぐに中止し、コンタクトレンズを外した状態で眼科を受診して下さい。 当院では院内感染防止のため、アデノウイルス感染症の疑いのある患者様のお席をご案内させていただいております。医師の診察後、感染していないことが確認できるまでは、離れたお席でお待ちいただくようお願い致します。 ●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索