新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

214:緑内障の検査項目

今年も残り少なくなりました。皆様いかがお過ごしですか?新宿東口眼科医院です。 今回のテーマは「緑内障の検査項目」です。 緑内障とは 目が正常な機能を保てる「適正な眼圧」以上の眼圧のために、視神経が障害され、視野が欠けてくる病気。一度障害を受けた視神経は、再生することがないため、緑内障は失明する危険を伴う大変怖い病気といわれます。 分類と説明: 緑内障の多くを占めるのが開放隅角緑内障です。これは眼球内の水圧(眼圧)が正常より高く、視神経が循環障害で神経線維脱落をきたして、視野欠損を訴えます。緑内障の末期で無ければ視力低下や痛みなどは見られません。更に、最近注目されているのがこの開放隅角緑内障のうちでも眼圧が高くない、正常眼圧緑内障と呼ばれるものです。このほかに白内症の進行で急性の眼圧上昇を起こす閉塞隅角緑内障があります。 検査項目: 1)眼圧の上昇、2)視神経の形態の変化、3)視野の欠損が起きます。 従って、緑内障が疑われる場合には、1)眼圧の測定、2)細隙灯顕微鏡検査 3)眼底検査、4)視野の測定、5)神経線維層厚測定が標準的です。 1)眼圧検査 眼圧の測定は緑内障の検査のなかで最も基本的で重要な検査です。眼圧測定の方法には空気をあてて測定する非接触型空気眼圧計と目に直接器械をあてて測定する圧平型眼圧計があります。眼圧の正常範囲は一般的には10-21mmHgとされていますが、日本人では正常眼圧緑内障の頻度が非常に高いので、眼圧がこの範囲にあるというだけでは安心できません。治療の際には、視野検査の結果や視神経乳頭の所見等を総合的に判断して、目標眼圧を設定します。 2)細隙灯検顕微鏡検査(隅角検査) 眼科の通常の診察に用いる顕微鏡を用いて眼の状態を診察します。また、目薬の麻酔を使用してから、特殊なミラー付きレンズを用いて、隅角(眼の中の水の排水口の部分)に異常ないかどうかを検査します。 3)眼底検査 眼の奥の視神経の状態をチェックします。 視神経乳頭の陥凹の評価や、神経線維層の欠損などを見ます。さらに精密な眼底検査としては視神経繊維層厚測定検査(レーザー光線で網膜の神経線維層の厚さを各部分で測って神経線維層の萎縮の程度を測定します。 眼底の視神経の部分(視神経乳頭)は正常の人でも少しへこんでいますが、緑内障ではこの陥凹が拡大していきます。また、緑内障の進行にともなって、網膜の神経線維層の欠損が所見として観察できるケースもあります。 4)視野検査 緑内障は徐々に視野が欠けていく病気です。眼圧検査と視野検査が緑内障の検査のなかで最も重要です。視野が欠ければ自覚的に気付くだろうと思われている方が多いのですが、実際には視野欠損はかなり進行するまで、自覚症状としては現れません。この点が緑内障の恐ろしいところで、自覚的に視野欠損に気付いたときにはもう手遅れという状況が少なくありません。 緑内障の視野検査には検査員が指標を動かしながら測定するものと、器械が自動的に点滅信号をだして測定する自動視野計があります。近年、自動視野計はプログラムの改良が進み、より短時間に患者さんに負担をかけないで検査ができるようになってきました。視野検査は4ヶ月毎程度に定期的に同じ器械を用いて経過を観察する必要があります。 5)神経線維層厚測定 最新の緑内障診断装置(OCT)で網膜の神経線維層の厚みを測定します。この装置は共焦点レーザーを用いて、緑内障の変化を極めて初期の段階から診断することも可能です。指標をのぞき込むだけで短時間に検査が終了しますので、患者さんにとっての負担が少ないことも大きな長所です。結果はカラーマップとグラフで表示されますので、経時的に定量的な比較を行い緑内障の進行の有無を判定できます。 緑内障は自覚症状のないまま進行することが多い病気です。 緑内障の疑いがあると言われたことのない方でも40歳以上を過ぎたら1年に1回は必ず眼科で検査を受けることをおすすめしております。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索