新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

22:中心性網膜症について

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 日毎にのどかになり過ごしやすくなってきましたね。 今週のテーマは「中心性網膜症」です。 中心性網膜症とは、網膜の中心部にある黄斑に浮腫が出来て起こる症状です。 <主な原因> 網膜の外側に、栄養分を供給する血管の豊富な脈絡膜と呼ばれる組織があります。通常は、この脈絡膜を網膜色素上皮層と呼ばれる層が脈絡膜からの水漏れを防いでいます。しかし、何らかの原因によって、脈絡膜の血管から血液中の水分が色素上皮層からにじみ出て、網膜下に水が溜まることで浮腫が生じ、発症します。 ストレス社会が引き起こした病気であると言われていますが、正確な原因はわかっていません。両眼同時に発症することは稀で、通常は片眼に発症します。 <主な症状> 物を見ようとすると、中心部が暗く、または白くかすんで見えにくい、ゆがんで見える、視力低下、などの症状が出ます。 <主な検査方法> ①眼底検査 検眼鏡を通じて主に視神経や網膜を観察する検査です。眼底疾患の有無を調べることが出来ます。 ②蛍光眼底検査 薬剤を血管内に送り込み、眼底の血流状態を写し出す事が出来るため、上記の眼底検査よりも精密な眼底写真を撮る事が出来ます。 <主な治療方法> この病気は、たいてい半年くらいで自然に治る傾向があります。そのため、しばらくの間消炎薬、循環改善薬、ビタミン剤などの内服で、薬物療法を行います。時に再発することもあります。 場合により、光凝固術によるレーザー治療を行うことがあります。網膜色素上皮の障害部位をレーザーで焼く方法です。 症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28