新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

257:立体視とは

こんにちは、新宿東口眼科医院です。 秋晴れの心地よい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回のテーマは「立体視とは」です。 「立体視とは」 ものを三次元的に見る力で、人間の視機能の中で最も高度な機能です。 左右眼の位置の違いから、眼に映る像は左右眼で異なり、その像のズレ(視差)から立体視は生まれます。 左右眼で異なる像を脳が一つのものとして統合することにより、立体的に見えるのです。 立体視 「立体視の成立条件」 立体視が成立するためにはいくつかの条件があります。そのうちの二つをご紹介します。 ①左右の視力が同等かつ良好である事 たとえば、コンタクトレンズや眼鏡での矯正が上手くできておらず、両眼ともにハッキリと見えていない場合、左右眼に映る像はぼやけたものとなります。そうすると、脳はぼやけた像を統合することが出来ず、立体視は生まれません。 また、左右眼で視力の差がある場合は、片眼には鮮明な像、他眼にはぼやけた像が映ることになります。この場合も、脳は鮮明な像とぼやけた像の二つを統合することが出来ず、立体視は生まれません。 左右眼に鮮明かつ同等の像が映らなければ、立体視は生まれないのです。 ②眼位・眼球運動に異常がない 斜視や眼球運動(眼の動き)に異常があると、左右眼が同じ方向に向かず、眼に映る像は左右で全く違うものとなり、ものがダブって見えます。この状態を「複視」といいます。 複視がある状態では、立体視は生まれません。 「立体視機能を使った技術」 立体視機能を使用した技術はいくつか存在しますが、3D映像が代表的なものの一つです。 3D映像を見るための眼鏡は、左右眼に違う像が見えるようになっています。微妙に異なる二つの像を脳が統合することにより、立体的に見えるのです。 立体視機能を使った3D映像 立体視が成立するためには、目のあらゆる機能が正常であることが条件になります。視力の低下を含め、見づらさがある場合には、眼鏡やコンタクトレンズのチェックをおすすめします。 当院では眼鏡やコンタクトレンズのチェック・処方、斜視検査を行っております。気になる症状がございましたら、医師・検査員にご相談ください。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索