新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

27:ポスナー・シュロスマン症候群について

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 まもなくGW、行楽シーズン真っ盛りですね。 今週のテーマはポスナー・シュロスマン症候群です。 <ポスナー・シュロスマン症候群とは> ポスナー・シュロスマン症候群は、時々発作的に片方の目に眼圧上昇と虹彩炎とがおこる病気です。 数回の同様なポスナー・シュロスマン症候群発作の既往歴を以前に持っていることも診断の参考になります。 炎症は不定期に再発します。 症状が出た場合は早期治療が大事です。 比較的、若い人に起こることが多くあります。 ふつうは眼圧上昇などの発作は数日でよくなります。 <ポスナー・シュロスマン症候群の主な原因> ●原因は不明です。 ●何か異常を感じたら、すぐに眼科での受診をおすすめします。放置すると、緑内障になり、手術が必要になる場合もあります。比較的若い人に起こるとされています。 発作が起こったときは最優先で治療をお受け下さい。 <ポスナー・シュロスマン症候群の主な自覚症状> 黒目の部分に炎症がでます。 白目が充血します。 ぼやける・頭痛・眼痛がある。吐き気をともなう場合もあります 普通15程度の眼圧が突然40から60程度まで上がります。 <ポスナー・シュロスマン症候群の主な検査方法> 眼圧検査 視力検査 眼底検査 <ポスナー・シュロスマン症候群の主な治療方法> 高眼圧に対して発作時のみ、眼圧降下剤を使います。虹彩毛様体炎に対しては、 抗炎症剤を使います。 なお当院ではポスナー・シュロスマン症候群は、一般外来・緑内障外来で診察しておりますので、お気軽に予約またはお問い合わせ下さい。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28