新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

296:296.万が一コンタクトレンズを付けたまま寝てしまった時の対処法

今週のテーマは「万が一コンタクトレンズを付けたまま寝てしまった時の対処法」です。 ●コンタクトレンズを付けたまま寝るとどうなるのか コンタクトレンズを付けたまま寝てしまうと、レンズが少し乾燥し、張り付いて外しにくくなります。それは、コンタクトレンズに必要な涙の量が不足してしまう為です。実は涙は目を閉じるとほとんど出ません。睡眠中は目を閉じている状態なので、眼の中の水分が徐々になくなってしまいます。よって、コンタクトレンズが乾燥してしまい、乾燥感や張り付き感を引き起こしてしまうのです。 ●コンタクトレンズを付けたまま寝てしまった時の対処法 コンタクトレンズが張り付いた状態で外してしまうと、角膜(黒目)の部分に傷がついてしまう可能性があります。もし万が一、コンタクトレンズを付けたまま寝てしまったときは、次の2つの方法で対処して下さい。 ① コンタクト専用の目薬を付けてコンタクトレンズを潤わせてから取り外す。 ② 洗面器に水を張り、そこに顔を付けて目をパチパチとします。するとそのままコンタクトレンズが取れますし、外れなくてもコンタクトレンズが潤うので、眼の張り付き感が軽減し、いつも通りに外すことが出来ます。 それでもコンタクトレンズが外れない場合は無理に外さずに眼科に来てください。また、外せても目に痛みや違和感がありましたらすぐに眼科を受診して下さい。 ●コンタクトレンズを付けたまま寝たときに起こりうる眼のトラブル ちなみに、コンタクトレンズをしたまま寝てしまうとコンタクトレンズが外しにくくなるという以外にも問題があります。コンタクトレンズを付けたまま寝てしまうと角膜(黒目)が酸素不足になり、角膜内皮細胞(目の細胞)が減ってしまいます。この細胞は角膜(黒目)の透明性を維持している細胞で再生しません。つまりダメージを受けると受けただけ細胞は減り、二度と細胞は復活しないのです。細胞が少なくなるとどうなるのか、角膜内皮細胞(目の細胞)の機能が働かなくなるので、角膜(黒目)の透明度を維持できず、角膜(黒目)が白く濁ってしまい、視界が悪くなってしまいます。また、角膜内皮細胞(目の細胞)の数が正常の数よりも大きく下回ってしまうと、角膜内皮細胞(目の細胞)に少なからずダメージを与えてしまう白内障手術などの眼科手術が、将来的に出来なくなってしまう可能性があります。 コンタクトレンズは高度管理医療機器(カテーテルや人工透析と同じ分類)です。きちんと使い方を守って、正しく使用しましょう。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索