新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

30:コンタクトレンズによる角膜炎について

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 新緑がきれいな季節ですね。 今週のテーマは【コンタクトレンズ装用による角膜炎】です。 ●コンタクトレンズに関する眼の角膜の代表的な病気 ①点状表層角膜炎:角膜表面についた細かい点状の傷。角膜表面の細胞が部分的に脱落している状態です。角膜は日々代謝しているので、軽度ならばコンタクトレンズをはずしておけば治癒しますが、傷が大きく、深くなると、角膜浸潤や角膜潰瘍へと進行する恐れがあります。 ②角膜上皮びらん:角膜の表面の上皮が部分的にとれた状態を「びらん」といいます。 角膜潰瘍と違って軽症で、あとに後遺症としての視力障害は残らないのが一般的ですが、この角膜びらんを繰り返す再発性角膜びらんという状態になる人もいます。 ③角膜血管新生:慢性的な角膜の酸素不足により、もともとは血管のない角膜に血管が生まれ、酸素不足を補おうとします。自覚症状がほとんどないので気がつかないうちに、進行します。 ※目の酸素不足が長時間続くと、角膜の透明性を保つ働きをしている角膜内皮細胞(角膜の一番内側の細胞)が減少する恐れがあります。その他、角膜潰瘍や、アカントアメーバ角膜炎など、長期間治療を要する病気もあります。 <治療> 炎症のある間は、レンズの使用を中止して、点眼治療を行います。 <病気にかからない為の注意> 上記からも、コンタクトレンズを汚れたまま使い続けてはいけません。正しく使わなければ、このような眼病が発症する確率は高くなります。使い捨てレンズは必ず期限を守り、その他のレンズは、毎日の洗浄・消毒は必須です。たとえ定期的に新しいレンズに交換するタイプなどのレンズであっても、ケアを怠ったり、手抜きをしたりすれば、症状が出やすくなります。適切なケアを行なえば、コンタクトレンズは安全で快適なものです。また、レンズの汚れは自分ではわからなくても、眼科医が診れば一目瞭然です。定期検査は必ず受けましょう。 また、コンタクトレンズを使っていても、度数の合ったメガネを持つようにしましょう。コンタクトレンズを使い始めたといっても、メガネがいらなくなるわけではありません。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索