新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

305:通水について

●通水検査とは 涙はまぶたの上方で分泌され、目を潤したあと、目頭にある涙点という穴から鼻の方へ出ていきます。この涙点から鼻へ逃げる道を涙道といい、涙道が詰まったり、狭くなったりすると、涙やメヤニが多く出ることがあります。通水検査は、涙道が正常に機能しているかどうかを調べる検査です。 ●検査方法 点眼麻酔をした後、涙点から生理食塩水を流し、涙道の閉塞の有無を調べます。 通水検査時に使用する針です。涙管の入り口部分に挿入し、洗浄するのに適した針です。 ●通水検査を行う主な疾患 1. 涙嚢炎 涙嚢は、涙が流れ込む小さな袋のような器官です。涙嚢に涙がたまって細菌感染を起こした状態を、涙嚢炎といいます。 2.シェーグレン症候群 涙が出にくい、唾液が出にくいことを特徴とする自己免疫病で、中年の女性によくみら れます。主に、涙腺や唾液腺などの外分泌腺に炎症が生じ、涙や唾液などが出にくくなる病気です。慢性関節リウマチや強皮症など、半数ほどが他の膠原病と合併しています。他の膠原病をともなわない場合は、乾燥症候群と呼ぶこともあります。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※ すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28