新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

32:瞼裂斑・瞼裂斑炎について

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 紫陽花がきれいな今日この頃いかがお過ごしでしょうか。 今週のテーマは【瞼裂斑・瞼裂斑炎】についてです。 【症状】 瞼裂斑とは、結膜の変性の一つで,黒目の真横が少し盛り上がる症状です。 美容的に気になることがある以外は問題ありません。 瞼裂斑炎とは、瞼裂斑に、症状を伴ったもので、盛り上がりの中央部に炎症が出て、周りが赤くなる、異物感や疼痛などの症状です。 瞼裂斑と病理学的に似ているものに、翼状片があります。瞼裂斑から移行することがあり、翼状片で見え方に影響がある場合は眼科を受診して下さい。 【検査】 一般的に、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡(スリットランプ)による検査で眼を診て確認をします。瞼裂斑自体で、障害を起こすことはないので気にしないで下さいとお伝えする場合もあります。大きくて高い隆起の場合には、角膜の障害等を生じやすいので、異物感や充血等がある場合は、再度受診をお勧めします。 【対策と治療】 対策としては瞼裂斑、翼状片共に紫外線が影響していると言われています。紫外線カットの眼鏡や、帽子の着用をお勧めします。 瞼裂斑炎の治療には、ステロイド剤や非ステロイド性消炎剤の点眼が用いられます。 【ハードコンタクトレンズとの関係】 ハードコンタクトレンズが原因の場合はサイズ(直系)を小さくして突起部分にふれないようにします。 ソフトコンタクトレンズにすると症状が軽減される場合もあります。 又、特にコンタクトレンズ装用者は、人工涙液を処方し、乾燥を防ぐ場合が多いです。 ハード、ソフトコンタクトレンズいずれも装用時間が長くなると眼に負担がかかり、 乾燥しやすくなるので、家にいる時は眼鏡にするなどしてできる限り 装用時間を短くするように心掛けましょう。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28