新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

33:ヘルペス性角膜炎について

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 梅雨空に映えるあじさいが待ち遠しい季節となりました。 さて、今週のテーマは「ヘルペス性角膜炎」についてです。 ヘルペス性角膜炎とは、ヘルペスウィルスが眼の角膜に病気をおこすものです。 ヘルペスウィルスの感染のしかたには特徴があります。ほとんどの人が子供の頃ヘルペスウィルスに感染しています。約1割の人は結膜炎などをおこしますが、約9割の人は症状がないままで、感染に気づきません。 感染後、目の奥にある三叉神経節に住み着きます。たいていの人が、その状態のまま一生を終えます。 ところが、ストレス・つかれ・発熱などがきっかけとなってウィルスが目覚めて角膜の表面に出てくると、角膜ヘルペスが発症する場合があります。 他の目の病気とは異なり、よく再発することが特徴で、従って目の感染症の中で、一番失明率が高い病気です。 他の人に伝染することはあまりありませんが、ウイルスに対して抗体を持っていない乳幼児に対しては注意が必要です。患者さんが自分の目を触った手で、乳幼児に感染させる可能性があります。 <主な自覚症状> 涙が出る、まぶしい、コロコロする、みにくい、黒目のまわりが充血するなどの症状があります。 ほとんどの場合、片方の目だけに起こります。 <主な治療法> 薬による治療が中心です。医師の指示に従って、きちんと治療を続けることが大切です。 ▼上皮型→ヘルペスウィルスの増殖を抑えるために抗ウィルス薬を用います。 また細菌感染が起きないように抗菌薬の点眼も使います。 ▼実質型→ウィルス増殖と炎症を抑えるためにステロイドと抗ウィルス剤を治療に使います。 ステロイドの使用は正しく行わないと、逆に角膜の病変が悪化することがあります。角膜に濁りが残ると視力回復が難しくなります。視力が著しく下がった場合、角膜移植が必要となることがあります。 ヘルペスウィルスは、治療で症状が消えても神経の奥に潜んでいるため、しばしば再発を起こします。その都度きちんと治療することが大切です。再発を完全に防ぐ方法はありませんが、発症の誘因と思われる体調不良などを起こさないように規則正しい生活を送ることが予防につながります。 (当院では、関連病院と緊密に連絡を取りながら投薬を中心とした治療を行っております。)

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索