新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

355:パソコン作業を疲れにくくする環境作りについて

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 読書・スポーツ・食欲の秋ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。 今週のテーマは「パソコン作業を疲れにくくする環境作りについて」です。 パソコン作業の疲れの原因としては、発光体である画面を見続けることによって、自覚はなくとも視神経にとってまぶしい状態を長時間続けることで疲れを感じてしまうというものがあります。 また、PC画面と手元の書類の視線移動によって眼の筋肉が疲労してしまうこともあります。 集中してPC画面を見ている時は、普段の状態と比較し、まばたきの回数が減少している事が多いこと、また、目を見開いていることによって目が乾いてしまいドライアイの症状を併発してしまうこともあります。 ○環境作りの工夫 ・ディスプレイの位置を目の高さよりも低くセッティングし、明るさは抑え目にする。 ・反射光を抑えるフィルターを装着することも有効。 ・室内の照明環境を明るく保つ。 (暗い部屋での作業は避ける。) ・エアコンの風が直接目に当たらないように風向きを工夫する。 ・眼鏡、コンタクトは度の合ったものを使う。 ・足を台に乗せたり組んだりなどせず、両足がまっすぐつく高さに机を合わせる。 ・黒い背景に緑の文字で作業を行うと、眩しさが軽減され疲れにくいと言われています。 ○作業の際に行う工夫 ・長時間の作業を行う際には1時間に10分程度の適度な休息を取る。 軽い体操をして体をほぐしたり、遠くの景色を見て眼の疲れを取るなどする。 ・猫背をやめ背筋を伸ばした姿勢でパソコンをする。 視力低下、目がかすむなどの症状は、適度な休憩や充分な睡眠で回復しますが、疲労が重なると回復が遅れます。疲れをため過ぎないよう工夫することが大切です。 なにかあれば、早めの眼科の受診をおすすめいたします。 上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも 当てはまりません。 ※ すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索