• web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

357:目が疲れたときは温める?冷やす?

こんにちは。新宿東口眼科医院です。
日に日に秋が深まる季節となりました。風邪などひかないように体調管理に気をつけましょう。
さて、今回のテーマは「眼が疲れたときは温める?冷やす?」です。

○ そもそも「疲れ目」とは?
パソコンやテレビのディスプレイ、スマートフォンなどの画面を長時間見続けることが原因で目の疲れや痛みを感じる症状のことです。
肩こりなどと一緒で、目の使いすぎで目の周辺筋肉が硬くなることで疲れを感じます。
この疲れが慢性化すると、常に目の痛みや疲れを感じ、頭痛や肩こりにも繋がる「眼精疲労」に繋がる恐れがありますので、早めに解消するようにしましょう。

○温めればいいの?それとも、冷やせばいいの?
=温めたほうがいい場合=
・パソコンやスマートフォンによる目の疲れ
・手先の細かな作業
・老眼(老視)

市販の商品などでも見られるように、目を温めることは疲れ目に効果的です。
温めることによって目とその周辺の血管を広げ、凝った筋肉をやわらげてたまった疲労物質を流すことができます。
市販されている商品の活用や手で持てる程度の熱さの蒸しタオルを利用する方法のほか、入浴時にあたたかいシャワーを目に当てるのも良いでしょう。

=冷やしたほうがいい場合=
・目の充血がある
・目が痛い

このような場合は温めてしまうとかえって逆効果になってしまうことがあります。
目が炎症を起こしていることが原因となっているため、冷やして炎症を抑えるようにしましょう。
また、このときあまり冷たいものを使うと刺激が強すぎますので、冷蔵庫で冷やしたおしぼりやタオルに保冷剤をタオルに包んだものなどを使うと良いでしょう。
いずれも自宅で手軽に行うことができるものですが、日々の食事・休養をきちんととることや長時間目を使う作業の際は1時間おきに10分程度の休憩をはさむなど目をいたわるように心がけることが大切です。
また、判断が難しい場合や眼疾患をお持ちの方、目の状態が心配な場合は医師にご相談ください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索