新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

358:点眼麻酔の効果時間はどれくらいか

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 段々と寒くなってきましたが、皆様お変わりありませんか。 今回のテーマは「点眼麻酔の効果時間はどれくらいか」です。 【点眼麻酔とは?】 薬を点眼し、眼の表面に麻酔をかけることを指します。 医師が診察中に眼の硬さ(眼圧)を測る場合や、ウイルス性結膜炎の検査、白内障手術、レーシック手術にも用いられています。 目薬なので、とても簡単に麻酔をかけることができ、なおかつ注射のように眼に傷をつけることもありません。 【麻酔の効果時間は?】 点眼麻酔をする際は、通常1~4滴を点眼します。点眼した後、麻酔の効果が発現するのは10~20秒後、効果が持続する時間は約15分です。(効果時間については、成分によって効果時間が異なることもあります。) 手術などで長時間麻酔の効果を必要とする際は、都度点眼を行いながら麻酔の効果が切れないようにしています。 ● 上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。 ● 一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ● 無断での記事転載はご遠慮下さい。 ● 本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28