新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

375:眼瞼下垂の原因

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 寒い日が続きますが、皆様暖かくしてお過ごし下さい。 今回のテーマは「眼瞼下垂の原因」についてです。 <眼瞼下垂とは> 眼瞼下垂とは、まぶたの筋肉または神経の異常でまぶたが垂れ下がった状態で、眼を普通に開眼したとき、まぶたが瞳孔(黒目)にかぶさっており、 しっかりとまぶたを上まで上げられない疾病を言います。 <眼瞼下垂の主な原因> 一般的に眼瞼下垂は先天性のものが多く、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)の形成不全などで起こります。片眼性の場合が多く、遺伝することもあります。 後天性の眼瞼下垂は、加齢による眼瞼挙筋の筋力の低下や皮膚のたるみによるものです。 しかし、最近では目を酷使する行為、コンタクトレンズの長期装用、アレルギー疾患、 過剰なメイクによってまぶたを擦ることで、著しく皮膚が弛緩してしまうことも少なくありません。 <自覚症状> まぶたが垂れ下がる、瞳孔(黒目)に皮膚がかぶさることによる視力低下などがあります。先天性で下垂が強度だと、下がった眼瞼が視覚の発達の妨げになり、弱視になってしまう場合もあります。 また、ある程度以上の下垂があると、物を見る時あごを上げる姿勢をとります。 そのため、まぶたをより上げようとし、額にしわが寄ったり、眉毛が上がったりします。 <治療方法> 神経損傷による場合は、医師との相談のうえで外科手術を受けます。 例) アレルギー疾患による場合は、抗ヒスタミン剤またはステロイド剤を服用します。 その他の原因による場合は、医師の指示のもと、原因疾患の治療を行います。 ※ (新宿東口眼科医院では手術は行っておりませんが、診察の上他院を紹介いたします。) ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28