• web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

383:緑内障は遺伝するのか

こんにちは。新宿東口眼科医院です。
5月になり、新生活にも慣れてきた頃ではないでしょうか。
さて、今週のテーマは「緑内障は遺伝するのか」です。

緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され、
視野(見える範囲)に欠損が出る病気です。

緑内障にも種類があり、その原因も様々です。
その原因のひとつに遺伝性もあるということです。
血の繋がった家族や親戚の方に緑内障の方がいるからといって、必ず全員が
緑内障になるわけではありません。
緑内障の方がいる場合の方は、そうでない方よりも、緑内障になる確率が高い
ということです。
以前から、家族性で発症するものがあることが知られており、遺伝的因子と環境的因子の
両方が関係している多因子性・多遺伝子性疾患と考えられています。
まだ数%しかその原因は解明されていませんが、将来の研究が期待されています。

<先天性緑内障>
主に乳児期にみられます。
先天的に眼の構造に異常がある場合に発症します。眼球中の房水の排水溝に
ある前房隅角が発達異常を起こし、房水が流れる繊維柱帯の機能が生まれつき
低下しており、房水を排出する機能が悪くなり、著しい高眼圧となります。
先天性緑内障は、生まれつきだからと言って親からの遺伝とか言うとそうではなく、原因は詳しく分かっていないものの、遺伝子に変異があるとされています。

日本では、40歳を超えると100人に3人は緑内障を発症するといわれております。
決して珍しい病気ではありません。
下記の緑内障チェックを行い、ひとつでも当てはまれば、一度緑内障の
検査をすることをおすすめいたします。また、健康診断で、「視神経乳頭陥凹拡大」
「緑内障疑い」「高眼圧症」等でひっかかった場合も、検査をしましょう。
・緑内障チェック
□40歳以上 □眼圧が高いと言われたことがある
□強度(-6.00D)以上の近視 □疲れやすい
□家族に緑内障の方がいる □糖尿病の方

緑内障の検査のご予約はこちら
http://www.shec.jp/disease/shec-glaucoma/

 

●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも
当てはまりません。
※ すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索