新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

385:視力が低下したら、どうすれば良いのか?

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 清々しい5月晴れが心地よい季節になりました。過ごしやすい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。   今回のテーマは「視力が低下したら、どうすればいいのか」です。 視力低下と一言でいっても、突発的なのか、それとも徐々に悪くなってきているのかで大きく違います。   【原因】 視力低下の原因は大きく二つに分けられます。 1)屈折異常による視力低下 2)眼疾患による視力低下   【治療】 1)屈折異常による視力低下 →屈折異常とは、近視、遠視、乱視などの事を言います。このように屈折異常で視力低下した場合は、眼鏡またはコンタクトレンズでの矯正で視力回復ができます。 ただ、一時的なものなので、眼鏡やコンタクトレンズをはずせば、見づらいままとなります。 2)眼疾患による視力低下 →眼疾患といっても様々ありますが、代表的な眼底出血加齢黄斑変性白内障についてです。眼底出血は、目の中で出血するため急激に重度の視力障害を起こします。 手術などで、出血した血を取り除くことができないので、自然に血がなくなるまで待つ必要があります。 加齢黄斑変性や白内障は、徐々に視力低下などを起こします。 加齢黄斑変性では、抗VEGF抗体療法という注射による治療法があります。 白内障は、水晶体の濁りをとる白内障手術があります。 抗VEGF抗体療法も、白内障の日帰り手術も当院にて日帰りで行っております。   抗VEGF抗体療法は、月曜日と水曜日に行っており、白内障手術は月三回月曜日に行っております。 一度診察をしてから、抗VEGF抗体療法は、早くて一週間ほどで、白内障手術は、早くて一ヶ月程で行うことが出来ます。   ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索