新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

403:抗VEGF薬注射の適応と効果

こんにちは。新宿東口眼科医院です。涼しくなってきましたが、皆様どうお過ごしでしょうか。今週のテーマは、「抗VEGF薬注射の適応と効果」についてです。 この注射は、眼内の硝子体(眼の中の空洞を埋めるゼリー状の部分)に注射する薬剤で、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)という分子の作用を抑える働きがあります。 主に、滲出型の加齢黄斑変性の治療に使われます。 ■血管内皮細胞増殖因子(VEGF)とは 新生血管(細く破れやすい新しい血管)の増殖や成長を促したり、網膜(カメラのフィルムに相当し、見たものの情報を脳に送る部分)内の毛細血管から、血液成分が漏れ出すのを促進したりする効果があります。 新生血管が網膜の部分で増殖し破れると、網膜内で出血やむくみを起こし、視力の低下をもたらします。 ■抗VEGFに適応する病気 抗VEGFは、滲出型の加齢黄斑変性に対する治療薬として開発されましたが、VEGFが原因で起こる他の病気に対しても効果が認められました。現在適応となる病気は以下の4つです。 ①加齢黄斑変性(滲出型) ②病的な近視による脈絡膜新生血管 ③糖尿病性黄斑浮腫 ④網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫 それぞれの病気に対する効果のメカニズムについては、以下のURLをご参考下さい http://www.eylea.jp/ja/home/support/download/(バイエル薬品株式会社HP) ■ほかの治療法との比較 抗VGEF薬の注射は、比較的新しい治療法で、2009年頃にできたものです。 加齢黄斑変性(滲出型)に対する手術は、はじめは新生血管抜去術(新生血管を手術で取り除く治療)や、レーザー光凝固術(新生血管をレーザー光で焼き固める方法)がありましたが、これらの方法は、正常組織を傷つけるリスクがありました。 そこで、2004年に光線力学的療法という、光に反応する薬剤を腕の静脈から注射し、熱を発生させないレーザーを病変部に照射する方法が発明されました。これは正常組織を傷つけるリスクが比較的低いものでした。それでも、これらの治療は、すべて視力の改善が期待できないことから、一定の視力を下回るような、症状が進行した方のみが受ける治療でした。 しかし、2009年頃から、レーザーを照射しなくても視力の低下を抑え、時に改善も期待できる治療である抗VGEFの薬を注射する治療法が可能になりました。この治療法は一旦低下した視力の改善が期待でき、かつ視力の良いうちからでも治療が開始可能な、画期的な治療法として、現在の主流となっています。 ■ 希望される方へ 黄斑・網膜の治療は、当院では新川医師が行っております。お気軽にご相談ください。 TEL予約:03-5363-0507 WEB予約:http://www.shec.jp/about/doctor.html ●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談してください。 ●一般の方向けですので医学用語が必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28