• web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

417:視力が下がったらもう元には戻らない?

こんにちは、新宿東口眼科医院です。
肌寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回のテーマは、『視力が下がったらもう元には戻らない?』です。
原因には、屈折異常によるものと、病的によるものがあります。

◎屈折異常によるもの
生まれつきの遠視・近視・乱視の他、成長や時間と共に、
これらの屈折が変化して、視力下がったと思う場合があります。

【例えば仮性近視の場合】
仮性近視というのは、仮(かり)偽(ぎ=いつわり)の文字でもわかるように、本当(真性)の近視ではなく、目の調節による一時的な近視のことをいいます。
毛様体筋の過度な収縮で、水晶体が膨らみ、調節しすぎる状態(調節緊張状態)になるため、仮性近視が起こります。
緊張した状態を長く続けていると、近視が進み、仮性ではなく本当の近視になることがあります。

・当院での仮性近視治療

検査器の中の風景を5分眺めるだけで、目の緊張を解き、習慣的な調節緊張をリラックスさせることができます。仮性近視の治療の際に、主に使用いたします。
※近視は、眼球の奥行(眼軸)が長いことが原因であるので、これを縮めることはできません。背を縮めることや、顔の形を変えることはできないのと同じです。外科的な手術である近視屈折矯正手術(レーシック)などで治す以外の方法はありません。 ただし、仮性の部分に関しては、緊張によって一時的に起こっているだけですので、取り除くことが可能です。

◎病的によるもの
物を見る上で重要な角膜・水晶体・網膜・視神経といった場所に病気が起こると視力は低下してしまいます。

【例】
緑内障、白内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、中心性漿液性網膜症、網膜剥離、視神経炎または視神経症、網膜血管閉塞、ぶどう膜炎、角膜炎などがあげられます。

◎最後に
裸眼視力が低下したのか、眼の異常が原因で矯正しても視力がでないのか、原因は様々あります。早めの御受診、定期健診をお勧めいたします。

●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談してください。
●一般の方向けですので医学用語が必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索