新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

42:強膜炎・上強膜炎について

こんにちは、新宿東口眼科医院です。 青空のまぶしい日々となりました。この夏、楽しい思い出をつくってお過ごしください。 今週のテーマは【強膜炎・上強膜炎】です。 強膜炎・上強膜炎とは 強膜炎とは、強膜(眼球の「外壁」の白く硬い組織)に炎症が起こる病気です。 上強膜炎とは、上強膜(強膜の表面にある血管に富んだ柔らかい薄い組織)に炎症が起こる病気です。 症状 症状としては眼の痛み(通常、突き刺すような非常に激しい痛み)があり、あまりの痛みに眠れなかったり、食欲が落ちることがしばしばあります。このほか眼の圧痛、涙量の増加、明るい光に対して過敏になるといった症状が出ます。ときに、炎症の程度がひどいために眼球の穿孔を起こし、摘出しなくてはならないこともあります。上強膜炎は青年期にみられ、男性よりも女性に多く発症します。炎症は通常、眼球の限られた部分にのみ起こり、その部分が少し盛り上がったようになって赤くなります。ときにはやや黄色みがかった色になる場合もあります。症状としては眼の圧痛(押すと痛みを感じる)、かゆみや痛み、涙量の増加、明るい光に対して敏感になるなどがあります。上強膜炎が他の病気の徴候であることはほとんどなく、自然に消えてまた再発する傾向があります。診断は症状と眼の観察所見に基づいて行われます。 内科疾患との関連性 アトピー性皮膚炎、乾癬(カンセン)、慢性関節リウマチ、他の自己免疫疾患などの全身疾患を合併することもあります。 原因 今のところ原因がわかっていないものも比較的多くみられます。 リウマチなどの合併症でも引き起こされる場合がございます。 治療方法 強膜炎の治療には非ステロイド性抗炎症薬や、のステロイド薬を服用します。 点眼薬や軟膏は強膜炎にはほとんど効果がありません。 関節リウマチがある場合やステロイド薬の効き目がない場合は、 免疫抑制薬が必要になることがあります。 上強膜炎の治療についてですが、血管を収縮させる作用のある 点眼薬で眼の赤みを改善できます。より早く症状を抑えるためステロイド点眼薬か 非ステロイド性抗炎症薬の内服薬が処方されることもあります。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索