• web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

420:ものもらいは人にうつるのか

こんにちは。新宿東口眼科医院です。
まだまだ寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今週のテーマは「ものもらいは人にうつるのか」です。

結論としては、うつりません。
ものもらいとは、誰もが皮膚や鼻に持っている黄色ぶどう球菌や雑菌が、
免疫力の低下やホルモンバランスの乱れ、体質的なものから細菌感染を起こします。
また、きちんと化粧品を落とさなかったり、汚れた手で目を擦ったりすると、
外部から雑菌が侵入し、増殖して炎症が起こることもあります。
他人から感染するのではなく、体調不良による細菌感染・目の周りを不潔にすることで
起こるので、うつるものではありません。

ものもらいは、主に【麦粒腫】【霰粒腫】とがあります。
症状は、初めまぶたに局所的な赤みが出現し、しばしば軽度の痛みや
痒みを伴います。炎症が強くなってくると、赤み・痛み・腫れが強くなり
ます。膿が出てしまえば、その後症状は回復に向かいます。

【麦粒腫】
麦粒腫とは、汗を出す腺や、瞼の縁にあるマイボーム腺から、
菌が入り込むことで炎症が起きる状態です。

【霰粒腫】
霰粒腫とは、瞼の縁にあるマイボーム腺の出口がつまって炎症を起こし、
脂肪の塊ができた状態です。この状態に細菌感染を生じてしまうと、
化膿性霰粒腫となり、麦粒腫との鑑別が必要となります。

【治療】
・ 点眼、軟膏、内服剤で様子を見る。
・ 副腎皮質ホルモン(ステロイド)の注射をして吸収させる。
→小さいものはステロイドの局所注射で消失することがあります。
・ 切開をして中身を出してしまう。
→まぶたに局所麻酔の注射をし、裏側か外側から切開します。
※注射、切開ご希望の方は、医師の判断によりますので
一度受診していただく必要があります。

◎ 他にうつる眼科疾患
ウイルス性急性結膜炎があります。大変伝染力の強い結膜炎です。
・ 流行性角結膜炎(はやり目)
・ 咽頭結膜炎(プール熱)
・ 急性出血性結膜炎(エンテロウイルス70型感染)
これらは、ウイルスによる接触感染で起こります。
例えば、感染している人が触ったものを触ってしまう、同じタオルや目薬を使う
など、人から人にうつるものなので、生活には十分の注意が必要です。

●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも
当てはまりません。
※ すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索