新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

43:結膜弛緩について

こんにちは、新宿東口眼科医院です。 昨年よりは過ごしやすい気候ですが、夏バテ対策には気を抜かないようにして下さいね。 さて、今週のテーマは【結膜弛緩】です。 ● 結膜弛緩とは 弛緩した結膜が、下眼瞼上にしわを作っている状態です。 年配の方に多く見られる症状の一つです。 また、結膜弛緩症はドライアイと深い関係があります。下まぶたに沿って弛緩結膜が存在するため、そこに涙がたまってしまい、肝心な角膜(黒目の表面)に涙が行き渡らなくなり、ドライアイと同じ状態になります。 また、本当に涙の分泌量が少ないドライアイがあると、さらに眼表面に涙が行き渡らなくなるために、ドライアイの悪化につながります。ドライアイの方は、点眼薬を頻繁に使用すると点眼薬毒性が出ることがありますが、結膜弛緩症とドライアイの合併を見過ごされ、過剰な点眼薬の使用によって悪循環に陥ることがあります。このように、結膜弛緩症はまず、正しく診断してもらうことがとても大切です。 ●原因は 明確な原因は分かっておりませんが、老化現象により結膜の眼球に対する接着が弱くなり、下眼にしわが寄ることだと言われています。また、結膜自体ものびていることも事実です。 ●現れる症状 ①結膜が下にのびていることで、涙が外に多く流れだす。 ②しわになった結膜中の折れ曲がった欠陥が瞬きで擦られる事で、血管が切れ結膜下出血がおこる。 ③しわになった結膜の頂上を瞬きの度に、擦れることによる刺激となり異物感を生じる。 ●治療法は 目の異物感や乾燥常態(軽い症状)に対しては目薬で様子をみます。 しかし、それでも改善されない場合は手術を施します。 ●予防法は ①目の老化が原因の1とされていることから、紫外線の影響を受けないうように日差しの強い日には、サングラスなどをかける。 ②目のかゆみや癖で目を擦り過ぎると、結膜がたるみやすくなるので気をつけましょう。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索