新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

430:スマホ老眼ってなに?

こんにちは、新宿東口眼科医院です。
桜の季節も終わり、朝晩も過ごしやすくなってきましたね。
さて、今日のテーマは「スマホ老眼ってなに?」です。


▼スマホ老眼とは
スマホ老眼とはその名の通り、スマートフォンの使い過ぎで一時的に老眼のような症状が目に表れることです。特にスマートフォンについて言われているのは、小さな画面の小さな文字を長時間見るため目に負担をかけるためです。ほかに、紙や本などとは違って、画面そのものから発する光が眼にダメージを与えているとも言われています。

▼症状
・遠くは見えるのに、近くの文字がぼやけてみえる
・目の焦点が合いづらい
・目が疲れる、かすむ

普通の老眼は一般的に40歳前後からはじまると言われていて、年齢とともに、調節力が低下することで近くの文字が見ずらくなり、少し離すと見やすくなる、といった症状がみられます。スマホ老眼の場合は、ゲームやSNS、ビジネスなどでスマートフォンやパソコンの使用時間が長くなりがちな20代から30代くらいの比較的若い世代の方によくみられます。原因としては、目の酷使で目の筋肉が一時的に緊張してしまったり、働きが悪くなったりすることにより、目のピント調節力が弱くなることがあげられます。

▼スマホ老眼かなと思ったら・・・
スマホ老眼はしばらく目を休めると治ることがほとんどですが、放っておくと見えにくいだけでなく、集中力の低下やいらいらを招き、肩こりや頭痛などの全身に症状が出る場合や、慢性的な眼精疲労になってしまう恐れもあります。
症状が一時的なものでなければ、ぜひ一度眼科へご来院いただき、医師の診察を受けていただくことをおすすめいたします。当院では、疲れ眼改善のビタミン目薬の処方、目の筋肉を休める目薬の処方、近用やパソコン用メガネの処方などの提案をさせて頂きます。また、アイホットという赤色光を使用したホットアイマスクタイプのあんぽう器を使用した治療も行っています。


▼スマホ老眼を防ぐにはどうしたらいい?
スマートフォンやパソコンをよく見る方は、職場や日常生活で工夫をすれば、かなり予防ができます。スマートフォンを一切使わないで生活するのはなかなか難しいことですので、ご自身で気を付けながらスマートフォンと上手につきあっていく必要があります。

1、スマートフォンの連続使用時間をなるべく短くし、適度に休憩をはさむ。
2、スマートフォンと目の距離を最低でも30cmくらい取り、寝ころびながらの使用は避ける。
3、スマートフォンの画面の明るさや文字サイズを見直す。

●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索