新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

439:視界に黒い虫がみえたら?

こんにちは新宿東口眼科医院です。

今週のテーマは
「視界に黒い虫がみえたら?」です。

「視界の端に蚊が飛んでいるように見える」「常に黒いものが見えている」というのは、いわゆる「飛蚊症」と呼ばれる症状です。

◎ 飛蚊症とは
視界に黒い点や蚊のようなものが浮かび、目を動かしてもついてくるのが飛蚊症の症状です。見え方は人によっても異なり、糸くずや蛙の卵のように見えるという人もいます。このような症状が現れる飛蚊症は、老化などの生理的現象によるものと、眼の病気によって起こるものとに分けられます。

◎ どうして飛蚊症になるのか
生理的な飛蚊症の多くは、目の老化によって透明な硝子体が濁ることによるものです。老化が進むと、硝子体は縮んでしまい、網膜から剥がれてしまいます。この症状を「後部硝子体剥離」と呼びます。後部硝子体剥離は50代以上に多く発症しますが、稀に、生活習慣の乱れなどにより20代で起こる場合もあります。飛蚊症を自覚し始めたら、後部硝子体剥離かどうか、その合併症があるかどうか、その他問題となる疾患があるかどうかを調べるため、診察が必要です。


飛蚊症が病的な場合は、ひどくならないうちに治療を行う必要があります。
硝子体が網膜から剥がれる際に、網膜の表面にある血管が破れ、出血し、飛蚊症が起こります。黒い点のほか、暗い場所で光が見えたり、急に視力が落ちた、目がかすむなどの症状が見られたら、病気の初期症状として飛蚊症を発症していることが考えられます。
最も危険性が高いのが網膜剥離です。網膜剥離は、眼球の内側にある網膜が剥がれて視力が低下する病気で、放置すると失明する危険がある恐ろしい病気です。この網膜剥離の前兆として、飛蚊症が現れることがあります。症状を自覚したら、早めに眼科を受診しましょう。


●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28