新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

441:赤ちゃんと大人の目の見え方って違うの?

こんにちは。池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
今回のテーマは「赤ちゃんと大人の目の見え方って違うの?」です。

実は、子供の視力や視野は大人とは全く違います。
赤ちゃんの目は産まれた時点で「器官」としてはほぼ完成していますが、視力などの「機能」は成長とともに発達します。

新生児のときは、目がほとんど見えていません。光を感じることはできますが、両目の協調性がなく、左右の目を上手に連動させることができません。

3か月頃になると、視力は0.01~0.02くらいになり、動くものを目で追う「追視」ができるようになります。物の色も輪郭も全体がぼんやりしている段階ですが、人間の顔とそれ以外の形が区別できるようになります。


6か月頃には、首がすわり視野が広がり始めます。視力は0.04~0.08くらいになり、ものの輪郭がうっすら見える状態となります。両目の協調性が完成し、左右の目が1つのものを追うようになります。

1歳~3歳頃になると、奥行きや高さの認識、物の立体感距離感を感じられるようになり、ものの形の区別ができ始めます。より細かいものを見分けることができるようになります。
視力はおおよそ0.2から0.6くらいになります。
視界が大人に近くなり、丸・三角・四角などの、形の区別も分かるようになって、半数以上の子供が3歳の頃には1.0の視力(大人並の視力)を持つようになります。
年齢とともに1.0程の視力を持つ子供の割合は増えていき、6歳頃には、ほとんどの子供の視力が大人並みになります。


赤ちゃんや子供と大人の見え方の違いとして大きいのは、視野です。
大人並の視力が出始める6歳くらいの子供も、平均的な視野は左右(水平)で90度程度、上下(垂直)で70度程度とされています。
大人の平均的な視野が水平で150度程度、垂直で120度程度とされていることを考えると、子供の視野がとても狭いことが分かります。

子供は転びやすかったり、ものにぶつかったりすることがありますが、視野の狭さはその理由の1つとして考えられます。

大人の感覚で「たぶん見えてるだろう」と思っても、子供自身は見えていない可能性も十分にあります。幼児は『視野が狭い』『視力が低い』という認識を持つと良いかと思います。


●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談してください。
●一般の方向けですので医学用語が必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=13:45-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索