新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

452:サングラスってしたほうがいいの?

こんにちは。新宿東口眼科医院です。

今回のテーマは「サングラスはしたほうがいいの?」です。

皆さんはサングラスを使っていますか?

サングラスは日差しや強い照明から眼を守り、眩しさや紫外線などを低減することができます。日焼け止めや日傘、帽子などで紫外線の対策する方は多いかと思いますが、実は目からも紫外線はたくさん入ってきています。そのため、サングラスも目の健康を守る観点や、美容対策に有効です。

 

▽紫外線の目への影響は?

目には元からある程度紫外線を防ぐ働きがありますが、目の表面にある角膜で約90%の紫外線が吸収されるため、過剰な紫外線は充血や目のゴロゴロ感、涙や痛みなどの角膜障害の原因となります。また、紫外線は波長によって目の中にまで入り、白内障を起こす原因や網膜の中心部の炎症(黄斑変性など)が起きるひとつの要因にもなります。

毎日少しずつとはいえ、紫外線による濁りが積み重なっていくと、白内障や網膜疾患になりやすくなってしまうと考えられるため、対策を取って紫外線を避けることが大切です。

▽どんなサングラスがいいの?

レンズの色の濃いもののほうが、紫外線をしっかりカットできるのでは?と思いがちですが、レンズの色と紫外線を防ぐ性能はあまり関係がありません。選ぶ際には色ではなく、「紫外線透過率」や「紫外線カット率」などの記載がしっかりあるものを選んだ方がよいでょう。日常使いのサングラスの他にも、運転や釣り、スポーツ用などより機能性の高いサングラスもありますので、用途によって使い分けるのもおすすめです。

特に、長時間紫外線にさらせれる海水浴やアウトドア、スキーやスノーボードなどで雪山に行く時は、忘れずに用意するようにしましょう。

 

サングラスをしていても、長時間紫外線を浴び続けることは目への刺激になります。万一、アウトドアのあとなどに目に痛みや違和感、見え方に気になることなどがあれば場合は、お早めに眼科医にご相談ください。

 

  • 上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談してください。
  • 一般の方向けですので医学用語が必ずしも厳密ではありません。
  • 無断での記事転載はご遠慮ください。
  • 本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください。



Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28