新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

476:目に洗剤が入ったらどうするの?

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

今回のメルマガのテーマは「目に洗剤が入ったらどうするの?」です。

日常で起こりえることですので、実際の場面で慌てないように、正しい対処法を知っておきましょう。

 

・基本的な対処法

まず、目に洗剤や薬品が入った時には必ず、すぐに流水で洗い流してください。

コンタクトレンズをしていた場合は、無理に外そうとせずにまず洗眼をしてください。

製品のラベルを確認し、目に入った時の対処法が記載されている場合はその表示に従ってください。製品によっては、「目に入った時には15分以上十分に流水で洗い流すこと」など具体的な指示が書いてある場合があります。

また、製品に「目に入った場合には眼科医の診察を受けること」と表示のある場合には、必ず、製品を持参して、眼科医の診察を受けてください。

特に記載のない製品についても、痛みが残る、充血するなど、気になることがあったら眼科に受診してください。

眼に入ると危険な薬品(塩素系の漂白剤など)の場合には、自覚症状がなくても、薬品が目に触れたことで目に損傷が残る場合があります。

眼に何か入った場合には、すぐに流水で十分に洗い流し、製品を持って眼科に行きましょう。

 

・目に入りやすい薬品、注意する点について

日常よく使うもので目に入りやすいのは、化粧水、洗顔料、シャンプーや石鹸などです。

こうした、目の周りに触れる製品は目に入ることを想定して作られたものが多く、毒性は低いため、十分に目を洗い流せば過度に心配することはありません。

注意が必要なものは、酸性やアルカリ性の薬品や洗浄剤です。

普段よく使うものでも、注意表示をよく確認して使うようにしましょう。

学校や職場で化学物質に触れる方は特によく注意してください。

眼科用の薬ではないものを点眼薬と間違えて使ってしまうと、直接に目に入れてしまうため、影響が大きくなる可能性があります。

点眼液は他のボトルと分けて保存して、他の薬などのボトルと紛れないように注意して保管しましょう。

洗剤や薬品を扱うときには目に入らないように十分注意し、保管の際には間違って目に入れないように目薬とは分けて保管することを心がけましょう。

 

・子供の目に洗剤が入ってしまったら?

お子様の場合でも基本的な対処法は同じです。流水で十分に洗い流して眼科の診察を受けてください。

自分で洗眼が難しい場合や、暴れてしまってうまく洗えない場合には、無理せずすぐに眼科に受診しましょう。

 

・当院での体制について

当院では診療時間内でしたら診療、処置などのご対応が可能です。

夜間や早朝、近くに空いている病院がない場合には、東京消防庁の救急相談センターに連絡すると、適切な処置のできる病院を紹介できる場合があります。

東京23区:03-3212-2323

多摩地区:042-521-2323

 

 

一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。

無断での記事転載はご遠慮ください。

本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索