新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

480:眼瞼けいれんについて

こんにちは新宿東口眼科医院です。
日ごとに暖かさを感じられるようになりましたが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回のテーマは《眼瞼けいれんについて》です。


★眼瞼けいれんとは?

 自分の意志に関係なく、両目の周りの筋肉がけいれんする病気です。

 目の周りがピクピク動いたり、目を開いているのが難しくなるなどの症状のほか、まぶしさを感じたり、目が乾くといった問題にも悩まされます。
程度がひどいと目を開けていられなくなってしまうので、日常生活に支障が出てきてしまうこともあります。

 中高年(40~70歳代)に多く、性別でみると、患者さんの約7割が女性です。


★原因は?

 「大脳の一部が機能障害を起こしている」という説や、「眼瞼炎、結膜炎などのまぶたや角膜の病気が刺激を与えたことによって発症した」「別の病気の治療薬が原因になった」というケースが報告されていますが、完全には解明されていません。


★治療法は?

 ○ボツリヌス療法(ボトックス注射)

  ボツリヌス菌が作り出す薬をけいれんしている筋肉に注射し、症状を改善します。一度の注射で2~3カ月ほど効果が持続しますが、再び症状に悩まされる場合は、あらためて注射を行います。

 ボトックス     

 ○薬物治療

  抗コリン製剤、抗うつ薬などの内服薬による治療と、人工涙液の点眼があります

 ○手術

  難治症例では、まぶたの筋肉や皮膚を短くする手術などがあります。 

 

●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。



Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28