新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

482:流行性角結膜炎とはどんな症状?

こんにちは。新宿東口眼科医院 です。

暖かくなり、過ごしやすい季節となりましたね。
今週のテーマは「流行性角結膜炎とはどんな症状?」です。

◎流行性角結膜炎とは
アデノウイルス(8型、4型、37型、19型)によって起こる、
大変感染力の強い結膜炎です。流行り目とも言われています。

◎症状
感染してから約1週間後に、まぶたの裏側のブツブツや充血、まぶたの腫れ、目やに、流涙、風邪などの症状が激しくあらわれます。これらは片目から発症することが多いです。
症状が重くなると、耳前リンパ節が腫れることもあります。
充血や目やに、流涙は約1~2週間で治まりますが、その頃に、角膜に小さな点状の星や、結膜の表面に白い炎症性の膜(偽膜)が出てきます。

この時に治療をやめると、角膜が濁り視力が落ちてきますので、医師がいいというまで
点眼などの治療を続けましょう。

 

◎注意すること
・タオルや洗面器は別にしましょう。
・手指などは水道水を出しっぱなしにして、石鹸でよく洗い70%消毒アルコールで消毒するとよいでしょう。

・タオル、ハンカチ、下着などはできるだけ煮沸し、乾燥させましょう。
・人の使っている目薬を使ったり、うっかりその辺の物をさわったり、手で目をこすったり、顔にふれたりしないようにしましょう。
・入浴や洗髪は、症状がおさまるまでひかえ、シャワー程度にとどめ、どうしても入浴しなければならない場合は、あまり温まらずに家族の中で最後に入り、その湯は洗濯などに使わず流しましょう。
・涙や目やになどを拭いた綿あるいはティッシュは、ビニール袋にまとめて捨てましょう。
・次々に感染する危険がありますので、保育園、学校、職場は休む必要があります。治ったように見えても、医師の許可が出るまで、しばらくの間は他人に接したり、友人や親戚などへ遊びに行ったり招いたりするのはやめましょう。なお、普段から汚れた手で、目をこすったりする習慣はやめましょう。
・アルコールで消毒しましょう。


●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 
●無断での記事転載はご遠慮ください。 
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも
当てはまりません。
※ すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索