新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

522:二種類の点眼薬を使う際に気をつけること

こんにちは。新宿東口眼科医院です。

寒さの厳しい季節ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回のテーマは「二種類の点眼薬を使用する際に気をつけること」です。


◆点眼の間隔

一度に何種類もの点眼薬を処方された際には、一度にまとめてさすのではなく、基本的には間隔をおいて、一種類ずる点眼するのが望ましいです。

間隔をあけずに続けて使うと、先に使用した点眼液が後から使用した点眼液によって鼻やのどに流されたり、成分同士が反応しあったりして、効果に影響出ることがあります。これらを防ぐために、通常5分以上の間隔をあけて点眼して下さい。

 

◆点眼の順序

使用する順序や時間帯について医師より説明があった場合には、指示通りの順序・時間帯を守って点眼して下さい。医師から指示がない場合、一般的に水溶性点眼液→懸濁性点眼液(点眼する前に振るもの)→油性点眼液→ゲル化点眼液→眼軟膏になります。

 

◆点眼薬使用時の注意点

・点眼薬を使用する前は手をよく洗い、手指を清潔にしておきましょう。

・下まぶたを軽く下に引き、点眼するようにしましょう。

・点眼する時は目やまつ毛が容器に触れないようにしましょう。

・点眼後は、まぶたを閉じ、目頭を軽く押さえましょう。目安は1分程度です。

・あふれた点眼液は、清潔なティッシュペーパー等でふき取りましょう。

・他の人への貸し借りはしないようにしましょう。

・懸濁型の点眼液よく振ってから使用しましょう。

 

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談してください。

  • 一般の方向けですので医学用語が必ずしも厳密ではありません。
  • 無断での記事転載はご遠慮ください。
  • 本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索